引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

最後の顔向けを

 アルスに連れて行かれた先は、シュンが想像もしていないところであった。
「ここは……」
 ぽつりと呟きながら、あたりを見渡す。

 一面、なにもない平原が広がっていた。
 かつて大きな村があったはずのこの場所は、人も建造物もなにもない、まっさらな土地となっていた。唯一あるものと言えば、以前シュンたちが作り上げた、村民たちの墓のみ。

 そう。
 シュンが半生を過ごした故郷であり、そしてアルスが滅ぼした村の跡地である。

 ――なぜ今更こんなところに。
 それを目線で問うと、アルスは気まずそうに頬を掻きながら答えた。

「まあ……ここに神殿への経路が繋がっているのさ」
「なんで……こんなとこに……」
 がくりと肩を落とすシュンに、アルスも苦笑しながら頷いた。
「おまえも鑑賞対象だったからな。村人に姿を変えて、創造神がちょくちょく見にきたこともあるらしい」
「はあ……」

 気味の悪い話だ。なんとなく察してはいたが、創造神ディストはかなりの変態といえよう。ロニンもやや引き気味に表情を固めている。

「まあ、それはいいだろう。――いまから神殿への道を開く。準備はいいか?」
 アルスの問いかけに、シュンとロニンは同時に頷いた。

 アルスも首肯を返すと、片腕をさっと空に向けて突き出す。
 瞬間。
 無数の光の粒子が、アルスの腕を包み込み始めた。目に見えない力の胎動たいどうを感じる。いまならシュンにもわかる。神の霊気を、空へ向けて放っているのだと。

 ――あと二時間で、すべてが終わる……
 押し寄せる感慨を噛みしめながら、シュンは改めて、かつての故郷を見回した。

 勇者に滅ぼされ、跡形もなくなってしまった廃村。
 ここにはたしかにシュンの軌跡がある。あの優しい両親がいたからこそ、いまの引きこもりLv.999のシュンがいる。

 もう二度と親孝行はできない。
 けれど。

 シュンはもう一度、自身が建てた墓に目を向け――親指を立ててみせた。
「じゃあ、いってくる」
 呟くように発したその声は、ロニンにもアルスにも聞こえていない。
 でも、たしかにシュンは聞いた。
 ――頑張ってこい――
 記憶に深く刻まれた、両親の妙なる声を。
 ――ああ、ケリつけてくるよ――

「おい、できたぞ」
 アルスに呼びかけられ、はっとする。
 シュンは意識を切り替え、背後を振り向いた。
「これは……」
 思わず目を見開いてしまう。

 地上から見果てぬ空へ向けて、緩やかに虹色の道が伸びているのだ。おそるおそる一歩を踏み出すと、たしかな感触が返ってくる。これを辿って神殿へ向かうということか。

「行こうぜ。神をぶっ倒しにな」
「う、うん!」
 やや遠慮がちに、ロニンも虹色の道に足を踏み入れる。その際、弱々しく手を差し伸べてきたのはいつものことだろう。シュンは苦笑しつつも、妻の手を握った。
 続いてアルスも、神殿への道のりに進み出る。

 すると。
 ゴゴゴゴゴゴ……!
 神からの拒否反応か、一層激しい地震が発生し、シュンは思わず呻いた。横凪ぎの暴風も吹き荒れ、油断していると落とされてしまいそうだ。

 だが、ここで引くシュンたちではない。
 創造神の待ちかまえる神殿へ向けて、一歩、また一歩と、力強い進行を続けていった。


 世界消滅まで ――1:42――

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 空に浮かぶ幼女

    子供産まれるの早すぎィ!産まれるのはラストにして欲しかった・・・話の中盤あたりで主人公とヒロインの子供が出来るとなんか萎える

    10
  • 空に浮かぶ幼女

    90話で建国か・・・たまげたなぁ・・・

    0
  • 空に浮かぶ幼女

    手のひらクルーッ

    1
コメントを書く