引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

シュンの部 【威圧感】

「あー! むかつくむかつくむかつく!」

 幼女の怒声が、アグネ湿地帯に木霊する。
 シュンは油断なく構えながら、熾天使ミュウの動きを探っていた。
 いくら急激なパワーアップを遂げたとはいえ、ミュウは熾天使。
《天使》でも最上位の階級を相手に、一瞬たりとて気を抜くことは許されない。
 アリアンヌはロニンが守ってくれているようだ。こちらはミュウとの戦いに集中しよう。

 と。
 三対六の翼をはためかせ、熾天使ミュウが空中に姿を現した。その表情は憎悪に歪んでいる。およそ天使には似つかわしくない凶悪な顔つきで、上空からシュンを睨んでくる。さすがは熾天使というべきか、たいした威圧感だ。

 だが、シュンとて長年人々を束ねてきた国王。この程度のプレッシャーなどなんでもない。負けじと睨み返していると、熾天使ミュウはさらに苛立ったのか、
「あーもう、ほんとにムカつく!」
 と怒鳴り声をあげた。すさまじい音圧が発生し、周囲の空間に震動が伝わっていく。
「もう限界! シュンもロニンもアリアンヌも、みんなまとめて殺してやる!」
 叫びながら、ひとつの斧を携え、切っ先をこちらに向けてくる。

 ――来るか!
 咄嗟にシュンも天空からの攻撃に備える。ミュウの一挙手一投足いっきょしゅいっとうそくを見逃さぬよう、全神経を張り巡らせる。
 だが、戦闘は始まらなかった。低い男の声が、あたり一面に響き渡ったからである。

『ミュウよ。そこまでにしておけ。時間切れだ』

 ――この声は……ディスト……!
 シュンは慌てて周囲を見渡すも、新たな闖入者ちんにゅうしゃの姿はない。どうやら先程と同様、テレパシーで語りかけてきているようだ。

 ミュウは空を振り仰ぎ、不満そうに片腕を突き出した。
「やだよ! ここまでコケにされて、引き下がれるわけないじゃんか!」
『……ミュウよ。もう一度言おうか』

 瞬間、創造神ディストの声が、予想だにしないほど禍々しさを帯びた。

『下がれと……言ったはずだ。聞こえなかったかな』

 この圧力には、さしものシュンも怯んでしまったことは否めない。いままで様々な強敵と相対してきたが、彼らとは比較にならない、すさまじい迫力だ。

 熾天使ミュウもさすがに怖じ気づいたか、翼をしゅんと萎ませ、武器をしまった。

「わ、わかったわよ……。ごめん」
『わかればいいのだよ。何もせずとも、いまから私が彼らと遊んでやるところだ』
「――え?」
 ミュウが目を丸くした、その瞬間。

 突如として、世界が、死んだ。

 長年生きながらえてきた大樹の数々が、音もなく枯れていく。地面に生えている花や草までもが、色をなくし、散っていく。
 それだけではない。
 断続的に地震が発生し、シュンは思わず身を竦めた。強烈な震動だ。活力を失った木々たちが、重厚な音を立てて倒れていく。
 それだけではない。動物たちも謎の死を遂げたようだ。すでに動かなくなっている鳥たちが、木の葉の隙間から垣間見える。
 生きとし生きる者すべてが、実に呆気なく、死んでいく。

 ――世紀末。
 ふと、シュンの脳裏にそんな言葉が浮かんだ。

『その通り』
 こちらの思考を読んだのだろうか、創造神の声が響きわたる。
『たったいま、世界を殺した。世界崩壊まで――あと二時間だ』
「に、二時間だと……!?」
『そう。あと二時間もすれば、世界は跡形もなく消滅する。君たちにできることはない。このまま指をくわえて、世界の崩壊を眺めているがよい。ふふ……はっはっはっは!』

 高らかな笑い声を最後に、創造神の声は聞こえなくなった。

「そう。そういうこと……だったのね。いいざま」
 熾天使ミュウもすっきりとした表情でシュンたちを見下ろすと、はるか上空へと飛んでいった。

 その後ろ姿を、シュンは口を開けて見送るほかなかった。

 世界消滅まで ――2:00――



「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く