引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

シュンの部 【アリアンヌのこと】

「ちゃん……お兄ちゃん!」

 懸命なロニンの呼びかけに、シュンはぼんやりと意識を取り戻した。腹部に鈍い痛みがある。顔をしかめながら、シュンは上体を起こした。

「う……」

 見渡せば、一面、見たことのない世界が広がっていた。建築物、そして空気までが紺碧に彩られた世界。ロニンだけが周囲の色に染まっていない。

「どこだ……ここは?」
 起き上がりながらロニンに問いかけるが、しかし小柄な魔王は首をぶんぶん振るばかりである。
「わかんない……。私もさっき起きたばかりで」
「そうか……」

 シュンたちは現在、広場のような場所にいた。紺碧の床があたりに広がっており、それ以外にはなにもない。
 唯一あるものといえば、巨大な宮殿ひとつのみ。さまざまな紋様が描かれており、紺碧一色に染まっているにも関わらず、荘厳たる雰囲気を醸し出している。

 ――神殿。
 宮殿を眺めていると、ふとそんな言葉がシュンの脳裏をよぎった。

 そう、まさに神殿。
 長い間、神が暮らしていてもおかしくないような――そんな威厳が感じられる。

「なんで……俺たちはここに……」
 シュンはぽつりと呟く。

 熾天使してんしミュウの魔手から逃れるべく、なかば逃げる形で、この場所に転送させられた。アリアンヌは修業しろと言っていたが……いったいなにをどうすればいいのか。

「ねえ、お兄ちゃん……」
 ロニンが昔の呼び方そのままに、シュンの服の裾を引っ張ってくる。
「トルフィンたち、大丈夫かな……。あのミュウって子、たぶんトルフィンたちのステータスを《1》にするって言ってたような……」
「…………」

 たしかに気がかりではあった。アリアンヌに《ステータス操作無効スキル》を授けてもらったとはいえ、相手は熾天使してんしだ。強制解除させられたとも限らない。シュンも心残りではあった。

 だが。

「信じようぜ。あいつが簡単にくたばるわけねえ。それに……勇者アルスも側にいるはずだからな」
「そう……なんだけど……」

 いまだ納得しかねているロニンの頭に、シュンはぽんと手を乗せた。

「う……」
「いまは気にしたって仕方ねえって。いまは俺たちが強くなることが先決だ」
「う、うん。そうだね」 

 涙が出かけていた両目をこすりながら、ロニンはやや明るい声で返事をした。
 すると。

「お待ちしておりました」

 ふいに女の声が響き、シュンは背中を震わせた。慌てて周囲を見渡すが、誰もいない。いったいどこから……

「ここです。あなたの横です」
 言われて視線を向けると、そこに拳大ほどの《光》が浮かんでいた。こちらも周囲の色に染まっておらず、白銀の美しい輝きを放っている。
 だが、シュンが気になったのはそこではなかった。

「その声……アリアンヌか?」
「ええ。ここに人が現れたら案内するよう、《本体》の私からプログラムされております」
「プ、プログラム……」

 訳がわからない。
 そういえば、アリアンヌのこともついに聞き出せなかった。元神族であることしか知らない。

「ついてきてください。お見せしたいものがございます」
 そう言っていずこかへと去っていく光球に、
「お、おい、待てよ!」
 シュンたちは慌ててついていった。


「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く