引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

トルフィンの部 【困ったことになりました】

 トルフィンの視界で閃光が瞬いた。
 続いて、ゴゴゴゴ……とうねるような重低音が耳朶じだを刺激する。

 近くで落雷が発生したらしい。
 さっきまでの平穏な天候はどこへやら、突如、大雨の音までが聞こえてくる。

 それだけではない。
 なんの予兆もなしに、今度は強烈な震動が発生した。
 机や椅子などが、規則的に揺れ、そして倒れていく。トルフィンの前世でも何度かあった。相当大きめの地震だ。

「くっそ……」
 思わずトルフィンは呻き声を漏らす。

 いきなり訪れた、この天変地異。
 シュンやロニンでさえ、自在に天候を操作することまではできないはずだ。
 それを、熾天使ミュウと名乗る幼女は軽々とやってのけた。

 ――神に逆らうと、こんなことになっちゃうんだからっ――

 奴はさっき、確かにそう言った。
 恐らく気に入らなかったのだ。さきほどのトルフィンたちの発表が。だから対応策に打って出た。やっと安堵しかけていた人間たちを、さらなる絶望に落とし込むべく、ミュウは圧倒的なまでの力を見せつけてきたのだ。

 トルフィンたちは所詮、神の創り出した箱に生まれた玩具に過ぎない。その玩具が、親に勝てるわけがないと――無言で語ってきているようだった。

『うふふ。いい顔。苦しんでるね。いますぐ殺してあげ――』
『……ミュウ。何度言わせるのだ。私のめいをもう忘れたのかね』
『もう、わかったわよぉ。本当は王子とか王女とか、私の手で殺したかったんだけど……仕方ないか。あんたたちに任せるわ』

 というやり取りを最後に、天使たちの会話は途切れた。
 そして。
 トルフィンは気づいた。
 教室内に、いつの間にか異質な気配が混じっていることに。

 気合いを込め、顔を上げると、数名の天使たちがこちらに歩み寄ってきていることがわかった。
 どうやらここに《ワープ》でもしてきたらしい。
 奴らはみな勝ち誇ったような表情を浮かべ、それぞれの武器を高々と掲げている。こちらが動けないと油断しているようだが、残念ながらその通りだ。トルフィンはここから一歩たりとて移動することができない。

「ふふ……はははっ」
 トルフィンは思わず乾いた笑みを浮かべた。
「こりゃあ……困るなぁ……お呼びでない方々はちょっと……」

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く