引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

トルフィンの部 【コミュ障の辛いところ】

 前世において、トルフィンはほとんど人と関わってこなかった。

 誰かとコミュニケーションを取ること自体が億劫おっくうだった。昔はそんな自分をなんとも感じていなかったし、このまま一生孤独で構わないと思っていた。

 けれど。
 そんな自分を、現在トルフィンは死ぬほど後悔していた。

 ――俺は気づけなかった。
 リュアだって馬鹿じゃない。もしかしなくても、ゴルムが既に殺されている可能性があると……幼いながらも感じていたのだ。
 それでいて耐えていた。
 いま世界を救えるのは自分しかいないと、必死に自分を奮い立たせてきたのだ。

 なのに俺はなんだ。
 彼女のために父の死は隠しておこうだなんて……馬鹿馬鹿しいにも程がある。俺はリュアの心の叫びに気づけなかったのだ。
 ずっと守ってやると誓ったはずだ。なのに。

 ――いや。
 自分を責めるのは後でいい。
 いまの俺にはやらねばならないことがある。リュアを見つけ出し、安全な場所へ連れ出すという使命が。

 だからトルフィンは走っていた。誰もいないシュロン学園の廊下を。 

 どうやらレイア先生たちを除いて生存者はいないようだった。片っ端から教室やトイレなどを調べていくが、リュアはおろか、その他の生徒も見当たらない。相手が子どもであろうと、天使たちはまったく容赦しないようだ。

 さすがに疲れてきたとき、トルフィンはあっと声をあげた。割れた窓から、リュアの姿が見えたからだ。

 彼女は学園のロータリーに立ち尽くしているようだった。トルフィンとリュアが初めて会った場所でもある。幸いなことに天使の姿もない。

 トルフィンは駆け足で階段を降り、リュアのもとへ走った。

「大丈夫か」
 コミュニケーション能力の浅いトルフィンにはそうとしか言えなかったが、それでも彼女は応じてくれた。
「うん……」
 彼女は振り向かなかった。
 ただ顔を落とし、かすれたような声を発する。

 ここでまた気の利いたことが言えればよかったが、引きこもりたるトルフィンになにか思いつくわけもなく。もごもごと口ごもっている間に、リュアが遠くを向いたまま話し出した。

「ごめんね。迷惑だよね。わかってる。戻らなくちゃいけないって……わかってるんだけど……」
「…………」
 思わずトルフィンは息を呑んだ。
 本当に強い娘だ。親を失ってもなお、まわりの状況を考えていられるとは。

 トルフィンが素直にその気持ちを伝えると、えへへ、と若干無理をした笑いが返ってきた。

「私も頑張ってるんだよ。トルフィン君が大人すぎるから、ちょっとでも追いつこうって……」
「そんなことないさ。俺だってまだまだガキだ。わからないことだらけだからな」
「え……そうなんだ。意外」

 そこでトルフィンは勇気を振り絞ってリュアの肩に手を置いた。

「俺に親を失った苦しみはわからない。だからいまはなにも言わない。ただ……おまえには俺がいるってことだけ、忘れないでくれ」
「…………」
 正直、この言い方で良かったのかはわからない。ひょっとしたらさらに傷つけてしまったかもわからない。

 トルフィンが固唾を飲んでいる間に、リュアはぶるぶると身体を震わせ、我慢の限界というように振り向いてきた。そのままくしゃくしゃな泣き顔をトルフィンの胸に押しつけてくる。

 大きな泣き声が響きわたる。
 いままでよほど我慢してきたのだろう。
 リュアは溢れんばかりに涙を流し続けた。
 トルフィンも無言で彼女の頭を撫でてやった。

 彼女のような幼い子どもにとって、親とはかけがえのない存在に違いあるまい。それはトルフィンとてよくわかる。特にリュアはゴルムを尊敬し、そして信頼しきっていた。そんな父を失ったリュアの心情は、トルフィンには察するにあまりある。

 むしろ、これまでよく耐えてきたと言うべきだろう。
 だからトルフィンは無言で彼女の悲しみを受け止め続けた。それが引きこもりたるトルフィンが、唯一できることだから。

 何分経っただろう。いくぶんか落ち着きを取り戻したリュアが、ゆっくりと赤い目でトルフィンを見上げた。

「ごめん……。泣いちゃった」
「あ、ああ。大丈夫さ」
「それと……ありがとう。だいぶスッキリしたかも」
「そうか……」

 ならトルフィンの頑張りもすこしは報われたことになる。彼はほっと胸を撫で下ろした。

「みんな待ってるぜ。教室に戻ろう」
「うん」

 リュアは目をごしごしとけずり、トルフィンに片手を差し伸べてきた。

「いこ」
「ん? て、手を繋ぐのか?」
「うん。駄目?」
「いや駄目ってことぁねえが……」

 ――恥ずかしい。
 前世を含めて二十年あまり、恋愛経験など皆無のトルフィンである。
 ぎこちない笑みを浮かべながら、リュアの小さな手を掴もうとしたとき――
 背中に激痛が走った。

「かはっ……」

 トルフィンは思わず呻き声をあげる。
 立っていられなくなり、片膝で自身を支えた。
 ポタポタという音を立てながら、自身の血液が地に垂れている。
 ――いったいなにが起きた――

「くくく、生きて帰れると思うなよ人間が」
「お、おまえは……」
 トルフィンは目を見開いた。
 目の前に、さきほど始末したはずの敵――筋骨隆々の天使が立ちふさがっていたからである。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く