引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

トルフィンの部 【わずかな希望と失せる光】

 次なる天使は筋骨隆々の男性だった。頭上に輪を載せ、宙に浮いているさまは共通しているが、ここまで猛々しい天使は見たことない。おそらく物理特化タイプだろう。

 トルフィンがそう分析しているうちに、リュアとセレスティアも追いついたようだ。息を切らしつつも、二人はトルフィンの背後に並んだ。

 自分と相対する三人を見て、天使は不愉快そうに眉をひそめる。
「……なんだ貴様たちは」
「そりゃ俺たちのセリフだね。好き勝手に暴れやがってよ」
 トルフィンは剣を引き抜き、臨戦体勢を整えながら天使を睨みつけた。
「これ以上おまえたちの好きにゃさせねえ。悪いが死んでくれや」
「死ぬ……? この俺が……?」
 しばらく天使は目をぱちくりさせていたが、数秒後、弾けたように笑い出した。
「わっはっはっは! 人間ごときが! この俺を死なすだと!? 身の程を知れ!」

「ちょ、ちょっとトルフィンくん」
 トルフィンの後方でひざまずいているレイア先生が、ぶるぶると震えながら小声で囁く。
「き、気をつけて。そいつ、よくわからないけど不思議な力を使うわ」
「大丈夫です。俺たちは負けません」

「ほざけガキがぁ!」
 表情を歪ませた天使が、例によって右手を突き出してくる。
 だがトルフィンたちには何も起こらない。
 ――《ステータス低下無効スキル》。
 これは単にトルフィンたちの身を守るだけに留まらず、最大のチャンスをくれる。ステータス操作の効かないトルフィンたちに、天使たちは少なからず怯むからだ。そしていまも、微動だにしない人間三人に、天使が目を見開く。

 この絶好の機会を逃すわけにはいかない。
「いくぞリュア!」
「うん!」
「セレスティアさん、ステータスアップは任せました!」
「ええ、任せて突撃して!」

 トルフィンとリュアは同時に駆け出した。セレスティアの補助魔法によって高められた物理攻撃力。それを以て、全力の剣撃を叩き込んでいく。

 やはり、武術大会に備え、二人で訓練していたのが幸いした。
 トルフィンとリュアのコンビネーションは抜群に優れていた。二人は言葉も交わさず、目線だけのやり取りで互いの意志を伝え合った。たったそれだけで、時にフェイントを混ぜ、二人は順調に天使を攻撃していった。

 もちろんセレスティアも活躍した。トルフィンの勘だと、ああいう筋肉バカは総じて魔法に弱い。その予感が的中し、セレスティアの攻撃魔法にはかの天使も苦しそうにもがいていた。

 数分後には、さしたるダメージも受けることなく、天使は無数の粒子となって消え去っていた。



「え……?  私たち、助かったの……?」
「やった……トルフィンくん、リュアちゃん……ありがとう!」
 天使が倒れたことで、皆のステータスも無事に回復した。レイア先生を含むのべ三十人もの生徒たちが、トルフィンたちを囲んで賛辞の言葉を投げかける。

 特に生徒たちはまだ十歳にも満たない子どもばかりだ。泣き顔をしている者も大勢いたが、みな揃ってトルフィンたちに感謝の言葉を投げかける。

「トルフィンくん……」
 レイア先生も涙目をこすりながら半笑いを浮かべた。
「まさか自分の生徒に助けられるなんてね……強くなったね」
「いえ……僕だけの力じゃありません。リュアとセレスティアさんがいるから勝てたんです」
「でもあなたの指示もなかなか的確だったわよ。トルフィンくん」
 とセレスティアが横槍を入れてくる。
「まるで六歳とは思えないくらい。シュン君と話してるみたいだわ」
「うっ……まあ、それはよく言われるかも……しれません」
「そうよ! トルフィンくんはすごいんだから! だって前世の……」
「おいこらリュア、余計なこと言うな」

 軽い掛け合いに、その場にいる誰もが和やかな気持ちになった。常軌を逸した現実から目を背け、楽しいひとときを過ごしたい――そう思うのも無理からぬことである。

 しかしながら、そう楽観視してもいられない。学園内にはまだ天使が潜んでいる可能性もある。一秒でも油断してしまえば、突如現れた天使に殺されるかもしれない――そう考えると、どうしても暗い気持ちにならざるをえないのであった。

「ごめんねトルフィンくん……」
 と口火を切ったのはレイア先生だった。
「私、魔法担当の教師なのに……みんなを守れなかった。たぶん、ほとんどの生徒はもう……」

 ――やはりそうか。
 トルフィンは下唇を噛んだ。

「先生のせいじゃありませんよ。奴らはステータスそのものに干渉してきます。どんなにステータスが高くても、奴らにとっては赤子同然なんですよ」
「ステータス干渉……そんなの、無茶苦茶だわ……」

 それからトルフィンは、シュンとロニンが神に対抗すべく鍛錬を積んでいることを簡潔に伝えた。絶望的な状況ではあるが、まるで希望がないわけではない。それを知ってほしかった。
 皆がわずかながらほっとした顔をしていたとき、ふいにリュアが口を開いた。

「ねえ、先生」
「ん?」
「騎士団のみんなはどうしたの……? お父さんは……戦ってないの?」
「それは……」
 レイア先生は迷ったようにトルフィンに目を向けた。明らかに戸惑っているようすだ。

 ――やはりそうなのだ。ゴルムはもう天使たちに殺されている。
 トルフィンはなんとか話題を変えようとしたが、その瞬間、なんたることか別の生徒が喚くように言った。

「みんな……みんな死んじゃったんだよ! 騎士たちだって、あの天使には全然勝てなかったんだから!」
「…………え」
 突如、リュアの目から光が失せた。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く