引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

シュンの部 【神へ】

 うっすらと意識が回復してくる。
 視界が元に戻りはじめる。
 どうやら寝ていたようだ。天高く伸びる木々が、所狭しと視界に並んでいる。

「ここは……」
 呟きながら、シュンはゆっくりと上半身を起こした。
 アグネ湿地帯。悪魔……もとい元神族が住まう場所。ディストに殺されかけたシュンとロニンを、アリアンヌがこの場所へ連れ出してくれた。

 そう、たしか俺は神聖水とやらを飲んで、それで――
 思考がそこまで至ったとき、シュンはふうと息を吐き、改めて寝ころんだ。

 なんだろう。
 うまく表現できないが、なんともいえない静かな気持ちだ。
 身体の無駄なものがすべて排出されて、心身ともにクリアになったかのような……

 シュンは試しに、寝そべったまま全身に力を入れてみた。
 瞬間。
 すさまじい轟音が発生した。
 大地そのものが揺れ、木の葉のこすれ合う音が響きわたる。枝に止まっていた鳥たちが鳴き声をあげて逃げ出していく。

 ――すげえな。
 さして本気を出していないのにこのパワー。
 これが神の力ってやつか。

「目、覚ましたようですね」
 ふいに声をかけられた。
 シュンが目を向けると、相変わらず無表情のアリアンヌと、その隣には心配顔のロニンもいた。
「よかった……シュンさん、無事だったんだね」
「……なんだおまえ、俺より早く目覚めたのか」
「ええ」
 と答えたのはアリアンヌだった。
「ロニンさんは最初こそ苦しそうな顔をしてましたが、すぐにシュンさんの名前を呼びだして……そこからの目覚めは早かったですね」

「ち、ちょっと」
 恥ずかしそうにロニンが顔を真っ赤にする。
「言わないでよ、そんなこと!」
「どうしてですか? 夫婦なんだからいいでしょう」
「むう……」

 そうやって唇を尖らせるロニンに、シュンは苦笑を禁じ得なかった。
 ――俺だって同じだ。
 ロニンがいなければ、きっといまだにうなされていたに違いあるまい。
 そんなシュンの心境を見越したかのように、アリアンヌが意味深に頷いた。

「……あなたたちは良い関係を築いているようですね。互いが互いのトラウマを補完しあっている。神聖水を飲んでから、まだ一時間と経っていません。なのに二人とも、もう起きるなんて」

 彼女の人形のような顔つきからは、まるで感情が読みとれない。だがたしかに驚いているようだ。ほんのすこしだが、嬉しそうに目元を緩ませている。

「シュンさん、そしてロニンさん。あなたがたは晴れて神となりました。自身のステータスを確認してごらんなさい」

 そう言われ、シュンはゆっくりと上半身を起こすと、「ステータス・オープン」と唱えた。
 たしかにあった。スキル欄のところに、《神の霊気》という表示が見て取れる。ロニンも同様のものを発見したようで、嬉しそうにぴょんぴょん跳ねている。

「いまのあなたたちなら、ディストでさえステータス操作ができません。これで神族を倒すのに一歩近づいたといえるでしょう」
「……だが、まだ充分じゃねえんだな?」
 シュンの問いかけに、アリアンヌはこくりと頷いた。
「今度は《神の霊気》を自在に操れるようになってほしいのです。それにより、初めて創造神に立ち向かえるようになりましょう」

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く