引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

格の違い

 それはアルスにとって、ただの我がままだった。
 長年シュン家族を憎んできた。悪の感情をこじらせ、鬱屈とした気持ちを溜めてきた。
 せめて最期くらいは、本当の必殺技を派手にかましたい――

 アルスのそんな想いが通じたのか、トルフィンは
「……いいぜ」
 と言って剣を構える。
「つっても俺に必殺技とかないけどな。本気で斬りかかるだけさ」
「……ああ、それで構わない」
 そうアルスが応じると、トルフィンもこくりと首肯し、剣の柄に手を添える。

 重たい暗雲の隙間から、一筋の陽光が差した。
 いつの間に雷はやんでいた。
 徐々に空が明るくなる。
 ところどころに陽光が差し込んでいく。

 アルスはふうと深呼吸し、一歩、前に出た。
 ずっと世界の安寧あんねいを願ってきた。なのに憎しみに囚われ、人を殺し、村を滅ぼした。
 そんな俺に生きる資格はない。
 だから最期だけは、せめて――

 特に誰かの合図があったわけではない。
 にも関わらず、アルスもトルフィンも、同時に駆け出していた。

 アルスは見た。自身の剣が、ほのかな緑色に染まるのを。
 しかしながら記憶上のそれより明らかに色素が薄い。長年ユグドラシル・デュアルを使ってこなかった反動か。それとも、技そのものがアルスに無言の抗議をしているのか。

 ユグドラシル・デュアル。
 地上のありとあらゆる自然の力を借り、剣に収集させる魔法剣。
 その昔、二人の師匠から授けられた、剣と魔法の両立技。
 すっかり忘れていた。
 俺はただ、この剣で悪を討ちたかっただけなのに。故郷を滅ぼしたモンスターたちに一矢報いたかっただけなのに。いつから自分のエゴに呑み込まれてしまったのだろうか――

 ガキン! と。
 剣と剣が衝突する。
 それは鼓膜を突き抜けるほどの金属音。
 トルフィンは六歳児にしてかなりの手練れだ。ユグドラシル・デュアルの力にも、真っ向から抵抗している。アルスもあらん限りのパワーで剣を押し込む。

 いつの間にか絶叫していた。
 それでいて泣いていた。
 ずっと溜め込んできたありとあらゆる感情。それを発散させるべく、アルスは理性をも忘れて叫んだ。

 瞬間、乾いた金属音が響いた。
 剣の折れた音だ。
 誰だ、誰の剣が折れた――? 俺か、それともトルフィンか――?
 そう思った途端、アルスは胸から下腹部にかけて、鋭い痛みを感じた。同時にかはっと口から鮮血を吐く。

 ――斬られた。
 そう悟ったときには、アルスは倒れていた。




 視界に陽光が映っている。
 アルスはうっすら目を開けた。空を支配していた暗雲は綺麗になくなっている。どこからか、鳥のせせらぎが聞こえる……

「なっ……俺は……!」
 はっとして上半身を起こそうとするが、瞬間、全身に激痛が走る。アルスは呻きながら再び上半身を寝かせた。

 ――生きていたか。
 死ぬ覚悟で戦った。
 なのに生きていた。
 視界の縁は赤く染め上げられている。どうやらギリギリHPが残っていたらしい。

「おう、目ェ覚めたかよ」
 ふいに視界にシュンが映り込んだ。相変わらずの飄々(ひょうひょう)とした態度で、感情が読みとれない。
「この試合、トルフィンの勝ちのようだな。あいつはまだ立ってるぜ」

 言われて視線を移す。六歳の王子は、剣を地面に突き刺し、なんとか膝立ちしている。かなり息切れが荒いが、たしかにどちからが勝者かは明白だろう。

 アルスはふうと息を吐くと、シュンに視線を戻した。
「シュンよ。ひとつ忠告しておく。俺にもたしかなことはわからないが……これから気をつけろ。《奴ら》はひっそりとおまえたちに監視と支援をしている」
「ほーん?」

 アルスはそこで心を決めた。真っ直ぐシュンを見据え、言う。

「それともうひとつ。貴様の故郷を滅ぼしたのは俺だ」
「…………」
「俺は極悪人だ。生きる資格はない。……殺せ」
「…………」

 シュンはしばらく黙りこくっていたが、数秒後、やれやれと言ったように肩を竦めた。

「馬鹿だな。んなこと、黙ってりゃ気づかれなかったのによ」
「な、なんだと」
「……おめーが本当に根っからの悪人だったらよ。あんときとっくに殺してたさ」
「…………」
「おめーもシュロン国に来いよ。もちろん、犯した罪の分はしっかり服役してもらうがな」
「ふ、ふざけるな。なんで俺が」
「おまえ、どうせ行くところないだろ? だったら来いってんだ。悪い話じゃねえだろ?」

 ――なんで、どうして。
 数十年前、故郷を滅ぼされた俺は発狂した。モンスターが憎くて仕方がなかった。
 なのに、このシュンという男は許してくれるというのか。
 ――これが、格の違いってやつか……

「お? どうしたよ、泣いてんのか?」
「な、泣くか馬鹿者。俺はただ……」
「はいはいわかったよ。騎士たち呼ぶから、まずおまえは手当な」
 

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く