引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

一回戦 3

 攻防一体。まさしくその通りだ。
 ウォーター・ベール。

 あれをただの水と侮ってはならない。魔法攻撃力により、極限まで殺傷力が高められている。とめどない水流に巻き込まれたが最後、すっぽりとHPが削られてしまうだろう。

 トルフィンは小さく舌打ちをかました。
 できればこちらから剣の攻撃を仕掛けたかった。魔法の撃ち合いになれば、相手のほうが経験豊富な分、どうしてもこちらが不利になる。

 レクスがウォーター・ベールを張ったことで、トルフィンから剣撃を浴びせることはできなくなった。相手もそれを見越して水の壁を発動させたのだろう。

 さすがセレスティアの護衛を勤めているだけのことはある。予選の連中とは明らかに一線を画している。

 だが――
 トルフィンはさっと右腕を突き出すと、魔法の構えを取った。剣が無理ならこちらで対抗するまでだ。

「ほう……?」
 レクスがぴくりと眉を動かした。
「魔法で私と戦う気ですか。面白い……」

 トルフィンの魔法の経験は浅い。たまにレイア先生に指導してもらっていただけに過ぎない。魔術の力で王族を守り抜いてきたレクスとは、住む世界が違う。
 でも、それだけじゃない。トルフィンには、他の者にはない力がある――

「はっ!」

 トルフィンの片手から、一筋のいかずちが放たれた。目映いばかりの閃光が迸ったあと、遅れてゴォン! という轟音が発生する。

「なっ……、この威力はッ……!」
 レクスが目を見開いて退散しようとするも、間に合わなかった。

 白雷が勢いよくウォーター・ベールに直撃する。
 長年魔法の鍛錬を積んできたレクスだが、トルフィンには適わない要素がひとつ存在した。
 それはステータスの差。
 地道にコツコツ練習するよりも、引きこもって効率的にレベルアップしたほうが強くなる。
 トルフィンからしてみれば不条理きわまりないが、それがこの世界の不文律。

 シュウウ……と煙をのぼらせながら、レクスの周囲から水の壁が消え失せる。

 ――いまだ!
 トルフィンは猛然と対戦者に向けて疾駆しっくした。その勢いのまま抜刀し、レクスの胴体を切り裂く。

「しまっ……!」
 両手を突き出し、レクスが慌てて反撃しようとする。
 だが、この隙を逃すトルフィンではなかった。
 トルフィンは気合いの発声とともに、次々と斬撃を放っていく。
 懐に入ってしまえばもうこちらのものだった。
 トドメに放った一撃によって、レクスは場外に吹き飛んでいった。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く