引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

予兆2

「な……っ!」
 トルフィンは思い切り目を見開き、そして激しく喘いだ。

 ――転生者。
 聞き違えるであろうはずがない。
 たしかに奴はそう言った。
 それは国王シュンと、妻ロニンしか知らないはずだ。リュアにすらすべての事情を打ち明けていない。

 なのに、こいつは知っている。
 初めて会ったはずの、この男が。

「なぜ……それを……」
 かすれ声でそう尋ねるのがやっとだった。
 勇者アルスは気取ったように両目を閉じると、意味深に
「あなたが知る必要はありません」
 とだけ言った。
「ともかく、シュン国王に伝えておいてください。あなたに会うのを楽しみにしていると――」
 最後に気障なウインクを決めると、勇者アルスはいずこかへと歩き去っていった。

 その後ろ姿を、トルフィンはただ呆然と眺めることしかできなかった。

 ――勇者アルス。
 いったい何者だ。
 あの性格はいかにも勇者らしくないし、トルフィンが転生者であることも知っていた。また、過去のシュンの発言を思い出しても、勇者の実力はそれほどでもなかったはずだ。だがさっきの戦いを見るに、奴のステータスは相当なレベルにまで高まっている。

 なにがどうなっているのか、いくら考えてもわからない。
 ただ、ひとつだけ言えることは、勇者アルスがおそらく最近の《異変》に関わっているかもしれないと……なんとなくそう感じた。

 ちらりと、アルスの去った方向に目をやる。
 奴は《一区分》の舞台にいた。予選の時点では、トルフィンともリュアとも被らない。

 ――厄介なことにならなきゃいいがな……

 そう思いながら、トルフィンは意識を予選試合に戻した。アルスは本戦が云々と言っていたが、そもそも予選を通過できるかもわからない。ここで油断するわけにはいかない。


 かくして、トルフィンは淡々と予選試合をこなしていった。
《引きこもり》たるトルフィンに適う者はこの時点で存在しなかった。予選の最終戦すらも、トルフィンはすんなりと勝利を飾った。リュアと勇者アルスも同様に、苦労なく予選を勝ち抜けた。

 そのようにして、トルフィン、リュア、勇者アルスの本戦出場が決定した。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く