引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

わけがわからなくなってきた

 ――なんなんだ、あいつは……

 アルス。
 どこかで聞いたことのある名前である。
 そういえば、シュンとロニンの会話から、そのような名前が出てきたかもしれない。

 ――勇者アルス。
 たしかそんなふうに言っていたような……

 トルフィンがそう考えている間に、二十秒が経過していたらしい。アルスはふっと笑いを浮かべると、すとんと手の力を抜いた。解放された対戦者が力なく地面に転がり落ちる。

「だ、大丈夫ですか!?」
 ようすを確認しにいった審判の表情がさっと青ざめる。
「か、かろうじて息がある……でも、これは……」
「さっきも言ったろう。殺してはいない。心配なら手当でもすればいい」
「アルス選手……。人類の希望と言われたあなたが……なぜ……」
「その時代は終わったのだよ。さあ、試合はどちらの勝利かな」

 審判はしばらく苦々しい表情をしていたが、対戦者の無事を確認したのだろう、片手を挙げて判決を下した。

「勝者……アルス選手!」
「ふん。最初からそうしていればいいのだよ」

 勇者アルスはそう吐き捨てると、ちらりと――トルフィンに目を向けた。
 なんだ、こっちに来るのか――!
 思わずさっと身構えるトルフィン。
 彼とは面識がないし、よもや襲ってくるとは思えないが、どうしても警戒せざるをえない。

 ――あいつは異常だ。どこかがおかしい……

 果たして、勇者アルスはトルフィンの至近距離にまで距離を詰めてきた。六歳児と比べればかなりの身長差があり、だからトルフィンは見上げる格好となった。

 おそれをなしたのか、周囲の選手たちもトルフィンたちと距離を置き始めた。そのようすに笑いを浮かべるや、アルスは口を開いた。

「お初にお目にかかる。私はアルスと申します。一昔ひとむかし前は勇者などと呼ばれていました。あなたは……国王シュンのご子息ですね」
「……父上と面識があるのですか」
「それはもう。昔からね」
 アルスはそこで一呼吸置くと、もう一度、にたりと笑い出した。
「優勝者には国王シュンと対面できると窺っています。楽しみですよ」

 そう。
 優勝者には、シュンじきじきに賞品を手渡すことになっている。
 ということは、こいつの目的はシュンなのか。賞品が欲しくて参加したようには見えない。

「トルフィン殿。あなたと本戦で戦うのを楽しみにしています。転生者のあなたならば、さぞ面白い戦い方をしてくれることでしょう」

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く