引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

親子にわたるハーレムフラグ

 入学式は順調に進んだ。
 生徒の名前読み上げ。
 学長シュンの挨拶。
 そして教師陣の挨拶。

 このまま何事もなく、閉会まで進むのだと誰もが思った。シュンとしても、「入学式くらいやっておきなさい」とセレスティアから助言されたから出席しているだけだ。こんな面倒くさい式など、自分から積極的に開こうとは思わない。だから正直、早く帰りたい。 

 のだが。
 閉会も目前に迫った頃、思わぬトラブルが発生した。

「私は、国王シュン様の大ファンです!」

 こう声を張り上げたのは、魔術担当の女性教師・レイアである。
 教師陣が簡単な挨拶を済ましていくなか、ひとりだけ、熱狂的な演説を始めてしまったのだ。

「な……に言ってんだあいつは……!」

 シュンは目を見開き、壇上のレイアを睨みつける。
 しかし彼女はなにを勘違いしてか、にっこりとシュンに微笑みかけると、そのまま演説ぶった口調で語り始める。 

「あなたたちはもう、当たり前のように人間とモンスターを交えて遊んでいますよね。でもこれ、実はすっごく最近のことなんです。シュン国王様がいなければ、あなたたちは大事な友達と巡り会えなかったのです」

 呆気に取られるシュンと、大真面目に静聴する生徒たち。そしてロニンの冷ややかな顔。セレスティアのむすっとした顔。
 シュン周辺の女たちが見えないバトルを繰り広げるなか、空気の読めないレイアは演説を続ける。

「私は、シュン国王は歴史に残る素晴らしい人物だと思います。そんなお方が、いま、校長として学校を立ち上げてくれた。入学できたみなさんはとても幸運です。さあ、このチャンスを逃さず、私と一緒にお勉強を頑張っていきましょう!」

 ――これは、うん、あれだ。
 見た目は真面目そうな女なのだが、中身はかなり残念らしい。空気が読めなすぎる。
 生徒たちの拍手を聞きながら、シュンはふと、あることに思い至った。

 トルフィンの担当教師、誰だっけ……?

   ★

 ――よりによって、こいつが担任か。

 トルフィンは絶望していた。
 入学式を終え、新クラスでのレクリエーション。
 リュアと同じクラスになれたのは僥倖ぎょうこうだった……のだが。

 よりにもよって、こいつが担任になるとは。
 教室の教壇で、にこやかに挨拶するレイアを見ながら、トルフィンはひとり、ため息をついた。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く