引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

ぱーっといこうや

「ふう……」
 トルフィンたちが会場に向かうのを見届けてから、シュンはひとり、ため息をついた。

 ――やっぱりあのガキ、普通じゃねえな。
 違和感に気づいたのは生まれて数ヶ月後だ。
 トルフィンの女性を見る目。これがいかにも嫌らしい。同じ男として気持ちはわからないでもないが、さすがに一歳未満で女好きになるのは早すぎる。トルフィンがメイド達を眺める目は、明らかに変態のそれだった。幼子であることを装って女性の胸や下半身を触り、問題になったことも多々ある。

 それだけではない。
 トルフィンは妙に大人びている。子どもらしくはしゃぐことがあまりない。すべてにおいて礼儀正しいのだ。
 それらの理由から、妙だとは思っていたのだが。

 ――実は俺、六歳じゃねえんだ――
 これはあまりに予想外の発言だった。よもや前世の記憶でも持っているのかとカマをかけてみたが、あの慌てっぷりを見るに、どうやら正解だったようだ。彼のこういうところはまだ子どもっぽさが残っている。前世では若くして亡くなったのかもしれない。

 と。
 ふいに、シュンの脇の地面で、幾何学模様が発生した。見覚えのある魔法だった。
 数秒後、その幾何学模様から妻ロニンが姿を現した。ここまでワープしてきたようだ。

「あ……シュンさん」
 旦那を見かけたロニンが一瞬顔を緩めるが、しかし数秒後、我に返ったように周囲を見渡す。
「ト、トルフィン見なかった? 剣の打ち合いをしてるって聞いて、それで……」

 慌てたようすのロニンに、シュンは肩を竦めてみせた。

「心配するな。ケツ叩いて会場に向かわせたよ」
「そう……。ならよかったけど……」
「それよりロニン、例の件はどうだ」
「…………」

 ロニンはしばらくシュンの瞳を見つめ、そして首を横に振った。

「駄目、みたい。《悪魔》たちはこっちの交渉には応じないつもりだと思う」
「そうか……」
 シュンはもう一回、ため息をついた。

 悪魔――
 かつてアグネ湿地帯にてシュンと相対した、人間でもモンスターでもない生き物である。見た目はモンスターのそれに近いが、魔王ロニンの支配下にないことから、理解不能の存在とされてきた。

 そんな悪魔らに、最近、変化が訪れ始めたのである。
 古来より住み着いてきたアグネ湿地帯を離れ、さらに住処を拡大しているのだ。近隣の街や村を襲い、徐々に行動範囲を広げている。

 それを受け、セレスティアはシュンに助けを求めてきた。
 ――奴らが人間を襲う理由がわからない、と。
 シュンはすぐに対策に打って出た。人間の言葉は通じなくても、モンスターと悪魔ならコミュニケーションが通じるかもしれないと思ったからだ。

 かくして、ディスト率いるモンスターたちが行動に打って出た。シュンの予想通り、意思の疎通自体は成功した……のだが。

「我々は貴様らの指図など受けぬ」
 こう言ってまともに取り合わなかったようだ。魔王ロニンの要求すら、悪魔たちは平気で無視したということになる。

 ――いずれセレスティアと手を組んで、全面的な戦争になるかもな。

 そう思いながら、シュンはロニンを見下ろし、ふっと笑ってみせた。

「ま、暗い話はここまでだ。今日は入学式。ぱぁーっといこうぜ」

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く