引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

年下にテンパっちまうなんて

「それはそうと」
 首を傾げながら、ロニンはゴルムに問いかけた。
「ゴルムさん、何故あなたがここに?」

 その疑問は最もだった。
 ここはシュロン学園。騎士のトップが油を売るには不自然な場所だ。それとも《剣の指導者》として、学園の教師も兼任するつもりなのか。

 しかし続いてゴルムが発した言葉は、そんなトルフィンの予想を鮮やかに裏切るものだった。

「これは失礼を申した。実は私の娘も今年で六歳になりまして。晴れてこの学園に入学することになったのですよ」

 ――娘?
 トルフィンがぽかんと口を開けていると、
「ほれ、王子様がいらっしゃるぞ。おまえも挨拶なさい」
 ゴルムに促されて、彼の背中からひとりの幼女が姿を現した。

 美しい。
 あまりに美しい女の子がそこにいた。
 桃色の髪の毛を肩のあたりまで下げているさまは、どこからどう見ても愛おしい。ぷくっと丸っこいピンクの瞳も愛嬌的だ。肌も透き通るように白い。
 臆病な性格なのか、幼女はひょっこり顔だけを出し、トルフィンと目が合うと慌てて姿を隠した。

 ――やべ。ありえない。超可愛い。
 トルフィンのロリコンレーダーが盛んに反応する。シュロン国にこれほどの美幼女がいるとは、なんという幸運か。

 そして。
 同時に、彼は自身の頬が赤く火照るのを感じた。
 いくら精神的に熟達していても、前世ではろくに異性と関わってこなかったトルフィン。言ってしまえば女性恐怖症である。しかも彼女ほどの美しい子を前にして、緊張しないわけがない。

「あ、あ、あうう……」
 ――なに年下にキョドってんだ俺! しっかりしろ!
「シュ、シュロン国の、おお王子、トルフィンです。き……君の、名前は?」
「は、はぅ……」

 まだゴルムにしがみついている幼女に、ゴルムは優しくも厳しい口調で言った。

「ほら、王子様がご挨拶してくださったぞ。おまえもお返しをなさい」
「は……はい」

 おそるおそるといったように、幼女はゆっくりと前に進み出る。途中、何度かトルフィンと目が合ったが、その度に顔をそらしている。

「リュア、と、いいます。よ、よろしく、お願い、します」
「こ……こちらこそ……」

 二人してキョドっている子どもたちを、ロニンとゴルムは微笑ましそうに見つめていた。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く