引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

トルフィン(六歳)の野望

 トルフィンには前世の記憶があった。

 ロニンの腹から生まれ、この世に生命を授かったときから、明確な意識を持っていた。ゆえに、シュンとロニンが交わしている会話も、そのまま理解することができた。

 享年十六歳。
 道行くドラゴンに踏まれて死亡。
 なんとも情けない死因であるが、前世に未練はまったくない。

 もう一度言おう。
 まったく未練はない。
 むしろせいせいしたくらいだ。

 両親も友人も、うまくコミュ二ケーションを取れず、ずっと引きこもるトルフィンを邪険に扱っていた。おまけに学力も運動能力もまったくなく、将来性も皆無。

 一度死んで生まれ変わりたいなどと願っていたが、まさかその悲願が成就することになろうとは思ってもいなかった。

 比べて、今世の俺はスペックが高いーートルフィンは常々そう思っていた。

 まず父親が国王なのである。
 この時点でハイスペックなのだが、なにしろこの親、ステータスもべらぼうに高い。おそらく世界最強といっても過言ではあるまい。

 次に母親。こちらはなんと魔王である。
 父親ほどではないが、母親もかなりのステータスの持ち主だ。そこいらの戦闘員ではまるで適わないだろう。

 母親は名を《ロニン》というらしい。
 幼い見た目に反して、男の視線を釘付けにする爆乳。なんとも魅惑的な身体をしているが、不思議と欲は湧いてこなかった。前世と同じく母親に欲情などしない。ただ、赤ん坊のふりをして(というか本当に赤ん坊なのだが)、乳を吸っているときは幸せであった。本当に。

 さて。
 そんな二人の間に生まれたのだから、トルフィンにも並々ならぬ才能があって当然だった。前世に比べて身体が軽いし、なんだか物覚えも良い。ちなみにトルフィンの前世には《ステータス》という概念がなく、最初は理解に苦しんだが、これもゆっくり覚えていこうと思っている。

 生まれて数年後のトルフィンに、シュンは《ずっと自室にこもっていろ。絶対に部屋から出るな》と命じた。
 これを聞いたトルフィンはおおいに疑問だった。俺をまた引きこもりにでもするつもりなのか。それとも単なる育児放棄なのか。

 だがトルフィンとて、前世では重度の引きこもりだった身。自室に長時間こもっていることについては、まったく苦ではない。排泄と食事さえなんとかしてくれれば。あとたまには散歩くらいしたい。

 そうしてトルフィンは六歳になった。この歳まで同い年の友達とかできなかったけど、大丈夫なのか、これ。

 だが、両親は呑気なものだった。六歳になったトルフィンのステータスを見るや、「やっぱ俺の子だ」「強い強い」などとはやし立てた。やっぱり俺はかなり強いらしい。さすがは国王と魔王の息子。

 そんなトルフィンに、さらなる吉報が舞い込んできた。
 ーートルフィン。おまえは今年から学校に入学するんだ。頑張ってくれよ。

 学校。
 この言葉は衝撃的だった。この世界にも学校があるとは僥倖ぎょうこう以外の何物でもない。

 なぜならば。
 トルフィンはロリコンだからである。
 前世で周囲から嫌われるようになったのも、その性癖がバレたのが原因だった。しかし悲しいかな、今世にもトルフィンはその性癖を持ってきてしまったようだ。 

 しかし。
  今回は合法だ。
  合法的に小さい子といろんなことができる。しかも前世とは違い、俺は王子という素晴らしい立場を携えている。これを利用しない手はあるまい。

 むふふふふ……
 学校の入学へ向けて、トルフィンはひとり、自室でニヤニヤ笑いを浮かべているのであった。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    この展開は、嫌ですね...

    0
コメントを書く