引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

堕落した国王

 ーー私は皇族だ。
 国民を平和に導く義務がある。
 私的な感情に振り回されてはいけない。
 エルノス父王が望んでいるのはたったひとつ。

 シュンの抹殺だけ。

 権力の分散を最も嫌う人だから。自分が一番偉くありたい人だから。

 シュンが《消えたあと》であれば、後のシュロン国はきっと父が統治してくれる。あるいは、私に統治の代行を任せてくれるかもしれない。

 シュン。
 彼さえ殺せば、世界は平和になる……

 夜。寝静まり返った客室。
 シュンもロニンも眠っている。
 そのなかにあって、セレスティアだけがゆっくりと、静かに起きあがった。

 引きこもりレベル999にして、最近は国王としてさらなる強さを手に入れたシュン。
 だが、寝ている姿は無防備なものだ。一気にこの隙を付けば、いくら彼だってーー

 胸が激しく高鳴る。
 自身の激しい息づかいが聞こえる。

 ーーごめん。シュン君。
 私を悪者と罵っても構わない。
 でも、こうするしか、もう方法はない。
 さよなら……私の尊敬する人。

 決意を固め、セレスティアが右手を掲げたーーその瞬間。

「殺るんなら、せめてロニンに当たらないようにしてくれよ」
「あ……」

 まさか気づいていたのか、シュンが静かに目を開いた。そのまま上半身を起こし、まっすぐにセレスティアを見据える。

「ご、ごめんなさい……これは……」
「わかってるさ。エルノスに頼まれたんだろ。大方、俺かシュロン国を天秤にかけられたんじゃねえの?」

 ーー鋭い。
 小国とはいえ、さすがは一国を束ねるだけはある。
 セレスティアが口ごもっていると、シュンは後頭部をかき、あーあと息を吐いた。

「でも、ま、おまえの思ってる通りかもしれねえな。俺さえいなくなりゃ、王都もシュロン国も平和になるのかもしれねえ。……はは、笑っちまうぜ」
「……シュン君、私は……」

 セレスティアが言いかけた、そのとき。

「危ねえ!」
 ふいにシュンがセレスティアのもとに飛び込んできた。
「えっ……?」
 シュンに抱き抱えられ、床をころころと転がり回る。その一瞬、セレスティアは視界の端に《あってはならない者》を捉えた。

 すなわち、エルノス国王から派遣された闖入ちんにゅう者ーー

 すっかり忘れていた。
 エルノス国王ほど用心深い人物が、二重の手を打たないわけがないのだ。

 すなわち、セレスティアを囮として、こっそり派遣した魔術師たちにシュンを暗殺させるーー

「お父様! あなたは、そこまで堕落して……!」

 セレスティアが叫んだ、その瞬間。
 シュンとセレスティアを、目映いばかりの光が包み込みーー 
 そして次の瞬間、セレスティアとシュンは見知らぬ場所にいた。
「ここ……どこ?」

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く