引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

根も葉もない噂

「こ、これは驚いた。まさか本当に魔王などと……」

 目を瞬かせる国王に、ロニンはズボンをすこしだけずらし、尻尾を露出する。人間には絶対についていないはずのそれを見て、国王はもう一度、目をぱちくりさせた。
 が、数秒後、おほんと喉を鳴らすと、落ち着きを取り戻したように告げる。

「……よもやこの王城に魔王を招待することになろうとはな。さすがに驚いた」
「わたくしも最初は驚きました。こんな小さい女性が魔王だなんてね」
 昔のことを思い出しながらシュンが語る。当時は魔王ではなく、娘であったが。

 小さい、と言われてロニンがぷくーっと頬を膨らませるが、それを無視して国王が口を開いた。

「人間とモンスターの共存。たしかそなたの目指す国はそのような趣旨であったな?」
「……ええ。その通りです」
「聞けば、かなり順調に建国できているようではないか」

 そこで国王はセレスティアに目を移す。
 皇女はこくりと頷き、シュロン国をべた誉めした。

「……本当に、素晴らしい国です。モンスターと共存するなんて絵空事だと思っていましたが、そんなことはありません。モンスターは実に真面目で働き者です。そして性格も穏やかで……正直、なぜ戦争をしていたのかすらわかりません」

 嬉しそうにロニンがうつむいた。恥ずかしそうに、けれども真っ直ぐにモンスターの王は国王を見据える。

「私たちも……先代が人間と争っていたからならっていただけです。明確な敵意があったわけではありません」
「そうか……あのモンスターがのう」

 国王はシュンに視線を戻す。

「余も多いに助かっているよ。そなたは長い戦争を止めた功績者だ。王都の代表として、礼を述べよう」
「……ありがたき幸せであります」

 シュンがゆっくりと頷いた瞬間。
 国王がその目つきを変貌させた。いままでの穏やかな雰囲気と打って変わり、獲物を狙い定めるような、狼にも似た眼孔。

「だが、我が国はそなたたちに対し、賛辞だけを述べているわけではない。一部に懸念の声もある」
「……と言いますと?」
「そなたたちが、モンスターを従え、準備を整えたとき、我が国を支配しようとしている……そのような声もあるのだよ」

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く