引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

王たる力

「なーんか妙なんだよなぁ」
 城下町を歩きながら、シュンはひとり呟いた。

 さっきのネプトもそうだが、近頃、国民たちの忠誠心がすさまじい。たしかにそこそこの功績は収めたと自負しているが、それにしても尊敬されすぎである。

 人間たちも建国当初こそはシュンに懐疑的な表情を向けていた。が、いまではモンスター同様に従ってくれている。結果、元の人間世界に戻る者はほぼ皆無と言ってよい。

「ステータス・オープン」
 シュンは久々に、自身のステータスを開いてみた。

《職業

【国王】
 Lv.98  》

 やはりだ。
 職業が変更され、《国王》となっている。引きこもりのステータスはそのままに、さらに国王としての強さが上乗せされている。

「マジかよ……」
 知らず知らずのうちにシュンはひとりごちていた。
 引きこもりがレベル999を迎え、これ以上の成長はないと思っていた。だが、自分のステータスを見る限り、もっともっと強くなる可能性が高い。

 それだけじゃない。
 スキル一覧に、《支配力》なる項目が追加されている。引きこもり時代には絶対になかったスキルだ。

 ーーこいつのせいか。
 おそらく、部下を統治しやすくする効果でもあるのだろう。であれば、ネプトたち国民の異常な忠誠心にも納得がいく。

「…………」
 シュンはそっとステータスを閉じ、歩む速度を緩めた。

 支配力。
 一見して魅惑的なスキルではあるが、悪用するわけにはいかない。人間とモンスターが平和に共存できるようにするために、シュンは国を立ち上げたのだ。悪いようには使えない。初心を忘れないことだ。

 ーーん、待てよ。
 そこでシュンは疑問に突き当たった。

 俺に《支配力》があるのなら、セレスティアの父王ーー人間世界の国王にも同様のスキルがあるはずだ。そして国王のレベルも向こうのほうが圧倒的に高いはず。

 それなのに、なぜ人間たちはシュロン国に残るのか。人間世界の王に忠誠心はないのか。

「……よくわかんねえな」
 シュンは心を切り替え、次なる目的地に向けて歩き続けた。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く