引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

引きこもりによる国作りへ!

 シュン一行いっこうは、転移の魔法を使用し、無事に新たな土地に足を踏み入れた。

 人類にとって未踏の無人島。そこがシュンの選んだ、新しい国の場所だ。もちろん田畑の開発はされていないが、天候も穏やかで、生き物が住むには心地よい。

 見渡すばかりに広がる草原。一行はそこにワープした。
 シュンが偵察したときには、すこし離れたところに小川が存在する。そこで魚を釣ることもできる。

 穏やかな温風が、大小さまざまな草を優しく揺らす。その暖かな風を身に受けながら、セレスティアは言った。

「……で、これからどうすんの?」
「決まってんだろ。飯を調達しながら家をつくってく」
「……家をつくるって……その資源と技術は?」
「ばかやろ。なんのためにおまえがいるんだ」
「えっ」
「金はあるんだろ? 王都から、資源と人材を調達してきてくれよ」
「あ、あんたっ……!」

 セレスティアはぎろっとシュンを睨んだ。これではヒモも良いところではないか。
 シュンは両手の平を合わせ、《お願い》のポーズを取った。

「頼むよ、な? これに関しちゃおまえしか頼れねえんだっての」

 セレスティアは大きく息を吐いた。
 ーー彼が私を連れてきたのはそういう理由もあったか。たしかに指導者たるもの、部下ひとりひとりの適正を見極めることも大切だが……。それに文明のレベルは人間のほうが上でもある。

 ふいに、セレスティアはモンスターたちの視線を感じた。
 獣型、虫型、さまざまな姿形をしたモンスターたちが、セレスティアに懇願の視線を向けてくる。そういえば魔王城の周辺には、オンボロの木造建築しかなかった。

「う……」
 正直、こういう目には弱かった。セレスティアは一歩後退し、観念して両手を振った。
「わかった、わかったわよ。建物は全部私たち人間が受け持つわ」
「やりぃ」
 シュンは嬉しそうに指をぱちんと鳴らした。

 そんな新・国王の腕を、ロニンは引っ張った。
「ねえお兄ちゃん、私たちは?」
「ん?」
 シュンは魔王を見下ろした。
 どういうわけか不満そうだ。モンスター側が役に立てないのがそんなに悔しいのか。

 シュンはぽんとロニンの頭に手を置き、モンスターたちを見渡しながら言った。
「おまえたちには土地の開墾をやってもらう。その後、農作物も作ってほしいんだが……できるか?」
「うん、できるよ!」
 嬉しそうに頷くロニン。

 モンスターたちは自給自足で作物を育て上げてきた。それくらい屁でもない。また植物型モンスターの力で、作物の成長を飛躍的に高めることもできる。そのへんは人間側よりも技術が高いといえるだろう。

「よっしゃ、決まりだな」
 シュンはぱちんと両手を叩いた。
「各自、作業に取りかかってくれ。今夜は新国の建国祝いで飲み会を開こうと思ってる。夜になったらまたここに集まってくれ」
「はい!」
 新・国王の指示に、国民たちは元気のよい返事をした。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く