引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

皇女の決意

 騎士たちは相当数そうとうすう殺されたようだ。

 馬車から降りたセレスティアは、戦場のあまりの悲惨さに思わず息を呑んだ。
 砕かれた赤鎧。
 そして飛び散っている血液。
 周囲一帯は死の赤色に染められていた。

 人型モンスターなる者はかなり強いようで、防具ごと身体が分断されている遺体がそこかしこにある。

 騎士たちには最高の防御性を誇る鎧を分け与えた。それをこうもスッパリ切り裂くということは、物理攻撃力がべらぼうに高いのだろう。
 おそらく、あの勇者アルスよりも。

 セレスティアの頬に冷や汗が伝う。

 これまでの人生で、死体など何度も目にしてきている。
 だがーー
 敵がここまで強いとは予想していなかった。兵力はこちらが圧倒的に上だが、それでも勝てるかどうかわからない。勝てたとしても、大勢の騎士が犠牲になる。

 ーーシュンくんはなにをしているのかしら……
 王都を出るとき、彼は姿を見せなかった。騎士のひとりを寮に向かわせたが、「後でいく」という答えが返ってきたらしい。なにやら考え事をしているとか。

 この戦争の勝敗は彼にかかっている。だから早く、一秒でも早く来てほしいのに……

 いや。
 私は次期国王になるのだ。
 他人に頼ってなどいられない。自分の道は自分で切り開く。
 必ず終わらせるのだ。永かったモンスターとの戦いを。

「道を開けなさい!」
 セレスティアは大きく声を張った。
 戦っていた騎士たちはびくりと背筋を伸ばし、左右の列に分かれる。そうして開かれた隙間を、セレスティアは凛乎として突き進んだ。

 やがて、一体だけ異様に存在感を放っているモンスターが視界に入った。

 長髪で色白。見た目はたしかに人間そっくりだ。ひ弱そうな見てくれとは裏腹に、すさまじい速度で騎士たちを次々と屠っている。彼のまわりだけ死体の数がすさまじい。

 人型モンスターは近くにいた騎士の首を切断すると、なにかを感じたかのように、ぴたりとセレスティアに視線を合わせた。

「……ディスト様、どうかされましたか」

 近隣のゾンビモンスターが人型モンスターに問いかける。

「いや、気にするな。おまえは戦っていろ」

「はっ」

 ーーディスト。それが奴の名か。
 セレスティアも同じくディストに視線を向ける。

「……騎士をこんなに殺したのはあなたかしら? ディストさん」

「いかにも。そういう貴様はかなりやんごとなき身分に見えるが……何者だ」

「皇女セレスティア。次期国王になる者よ」

「なに……?」

 さすがに予想外だったのだろう。ディストが大きく目を見開いた。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く