引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

戦争の予兆

 ロニンはひとり、王都の路地を歩いていた。

 さすがの大都市でも、夜になれば多くの人が寝静まるらしい。人っ子ひとり見あたらない住宅街を、ロニンはとぼとぼと歩いていた。

 等間隔で設置されている明かりのおかげで、なんとか道に迷わずに済んでいる。

 さすがは王都だ。
 モンスターの文化とは一歩も二歩も進んでいる。

 ーーモンスター……
 今日の試験のことを考えると、どうしても暗い気分にならずにはいられない。

 人間はモンスターをとことん嫌っている。そこに理由などない。ただ昔から嫌い合っているから、いまもそれを引きずっているだけ。
 そんなふうにロニンは思えた。

 ーー私は、仲良くなりたいのに……

 次の瞬間。

「魔王の娘、ロニン殿とお見受けする」

 ぞくりと。
 ロニンは全身の鳥肌が立つのを感じた。

 ーーこの声、後ろから!

 慌てて振り返ろうとするが、その前に口元を抑えられてしまう。

「……ん! んー!」

 とてつもない力だった。おそらく人間のなかでもトップクラスの実力者だろうと思われる。

 しかも相手はひとりだけじゃない。複数人だ。
 背後の人間はきつくロニンを羽交い締めにすると、嫌らしい笑い声を発しながら言った。

「悪く思うなよ。あんたには明日の戦争のための人質になってもらう」

 明日の戦争だと……?

 刹那、ロニンの全身を鋭い悪寒が通り抜けた。
 なるほど。そういうことか……!

 人間たちはまだ私が魔王だと気づいていない。だから魔王の娘たる私を人質に取り、モンスター側に対する切り札にしようとしている。

 なんて。
 なんて汚い……!

「はああああああっ!」

 気づいたとき、ロニンは叫びだしていた。どす黒い魔王の力が、漆黒の霊気となって沸き起こってくる。

「なに!」

 人間たちは目を見開き、ロニンから数歩引いた。

「馬鹿な、判定Eじゃなかったのか!」

 ロニンの尋常ならざる力の波動に、男たちは近寄ることさえできない。下手に近づけば殺されることが、本能的にわかってしまったから。

 ロニンは堂々たる眼光で人間たちを見据えた。

「人間よ。あなたたちは大変な誤算を抱いています」

「ご、誤算……?」

「私は娘ではありません。正当な現在の魔王、ロニンです」

「ま、魔王、だって……!」

 人間たちが驚愕の表情を浮かべる。

 だが、もう遅かった。ロニンの手刀が、神速のごときスピードで人間たちに襲いかかったのである。

「あなたたちの王に言っておきなさい。我々は戦う準備をすでに整えていると」

 人間たちは悲鳴をあげる間もなく、静かに膝を落とした。あまりにも呆気ない結末だった。

 ーー殺しはしない。お兄ちゃんは、闘うときだって優しかったから。

 固い覚悟を胸に、ロニンはひとり、魔王城へ戻るのであった。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く