引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

モンスターの命

「せいやっ!」
「とるぁっ!」
「うるぁぁぁぁぁあ!」

 男女さまざまなかけ声が、草原内に大きく響き渡った。
 若き新入生たちが、慣れない動作でモンスターに斬りかかっていく。
 攻撃しては反撃され、わずかに吹き飛んでいく。
 それでも生徒たちは血気盛んに立ち上がり、またも攻撃を開始していく。

 勇者の魔法によって、デッドスライムの物理攻撃力は0にされていた。だからたとえ反撃されようが痛くもかゆくもないし、HPも減らない。

 ただし、かといってデッドスライムも単なるカカシではない。
 通常のモンスターのように明確な意志を持っている。
 攻撃されれば避けるし、反撃もする。

 ただし、どんなに抵抗したところで、デッドスライムが生きられる可能性はまったくない。攻撃力が0の状態では、どんなに足掻いても新入生たちにはまったく効かないからだ。

 ーーそう、まさに死ぬことを定められたカカシのような。

 一体、また一体と虫けらのように消えていくデッドスライムを、ロニンは拳を握らせながら眺めていた。

 ーー私は魔王なのに。モンスターを守るはずの王なのに。

 仮にここでロニンが暴れ出せば、シュン以外の者は即座に始末できるだろう。いまのロニンならば、勇者にも負ける気はしない。

 だけど。
 ロニンはわなわなと震えながら、隣のシュンを見上げた。
 彼はロニンの手を握りながら、首を横に振る。

 そんな暴力的な手段に出ても、なんの解決ももたらさらない。さらに対立が深まるだけだ。

 人間側の目的を知るために王都に潜入したい……などと、よく言ったものだ。

 人間の目的など単純明快。
 それはモンスターの速やかなる殲滅せんめつだ。

 そんなことを考えているうちに、新入生がデッドスライムを倒したようだ。これも魔法の一種なのか、死んだスライムは煙となって天に消えていく。

「はい。いまの新入生は判定Dです」

 言いながら、勇者アルスはちらっとこちらを見やった。そしてこほんと咳払いをし、高らかに叫んだ。

「次の新入生を指名します。ーーシュン君、前に出なさい」

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く