引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

胸への熱い視線

「お、お兄ちゃん」 

 ロニンが慌ててシュンの隣に並ぶ。

「あ、あの人、王様の娘さんなんでしょ? あんな態度で大丈夫なの?」

「別にいいっての。別に俺は出世とか考えてねぇし」

「え……勿体ない」

「は?」

「お兄ちゃん、絶対に人の上に立つの向いてると思うんだよね。なんかそんな気がする」

「…………」

 こつっ。
 シュンはおもむろにロニンの額を小突いた。

「あいたっ」

「テキトーなこと抜かすな。俺がめんどくせーこと嫌いなのはわかってるだろうよ」

「で……でも、本当に、そう思うんだもん」

 おうおう、魔王になった途端に意味不明なこと言いやがって。
 シュンはぶつぶつ言いながら、足早に会場へと急いだ。


 巨大なホール会場。
 そこが入学式の行われる場所だ。
 すでに大勢の新入生たちが着席しており、かなりの賑やかさを呈している。

「あーっと、俺たちの席はっと……」

 もらっていた書類を確認しながら、シュンは指定席に腰を落ち着かせた。その隣にロニンも座る。

 気づけば、教師たちの列にセレスティアも混じっていた。あそこが彼女の指定席か。さすがは皇女というだけあって、その待遇は一般の学生とは一線を画している。よくよく見れば、セレスティアに頭を下げている教師まで見られる。

 ーーまったく、どいつもこいつも……

 ただし、注目を浴びるという意味では、こちら側も負けてはいなかった。

 シュンは小声で囁いた。

「ロニン、気づいてっか」

「えっ?」

「男たちの視線だよ。だいたいの男がおまえに熱い視線を向けてるぜ」

 その言葉は事実だった。
 いくらエリートといえど、新入生たちは血気盛んな思春期。抜群の容姿とプロポーションを持つロニンに興味を示さないわけがなかった。なかにはあからさまに巨乳を凝視する者もいる。

「は、はぅ……」

 ロニンは萎縮したようにシュンの指を掴む。魔王になってもこういうところは変わらないようだ。

 そのような波乱も交えながら、退屈な入学式は開会された。学園長の言葉、生徒代表としてセレスティアの言葉などが延々と続き……終了した頃には昼過ぎになった。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く