引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

同棲生活みたいな?

 見上げると満天の星空だった。
 いくつもの星が大小さまざまな輝きを放ち、夜空の美しさを演出している。
 ここ数日は多忙すぎて、空を眺めている時間なんてなかった。

 そんなことを思いながら、ロニンはシュンとともに王都を歩いていた。

 さすがは世界最大の都。なにもかもに圧倒されてしまう。
 まず、すべての建築物が豪勢である。レストラン、商店、家屋のいかんを問わず、ほとんどの建物が大きい。さまざまな色のレンガをほどよく用いて、色彩豊かな建造物が並んでいる。

 また地面も綺麗に舗装されている。等間隔で花壇や植木が設置されているが、それ以外の地面はすべて人の手が入っている。

 そして、なにより人間の数が段違いだ。さまざまな年齢層の男女が、談笑しながら通り過ぎていく。ときおり警備中の騎士に出くわすが、ロニンの正体に気づく者はいまのところいない。

 王都の中央部分には王城もあった。あそこに、おそらく人類で最大の権力を持つ者が住んでいる。

「はうぅ……」

 思わず感嘆の息を発してしまうロニン。

 モンスターの世界とはまるで次元が違う。ロニンの住まう魔王城周辺ですら、いまだに荒れ地のままだというのに。
 やはり、このままではモンスターが人間に勝つことはない。そのことをロニンは改めて認識した。

 なにか手を打たねば、私たちの種族は間違いなく崩壊する。でも、いったいどうすればいいのだろう……

「平気か」

 そんなロニンの様子に気づいたのだろう、シュンがそっぽを向きながらも気遣ってきた。

「う、うん……。ねえお兄ちゃん……」

「んあ?」

「私、魔王だから人間にいっぱい迷惑かけることになると思う。それでも……お兄ちゃんだけは、私のこと嫌いにならないでほしい」

「はっ」

 シュンは鼻を鳴らし、ロニンを見下ろす。

「ばーか。俺ゃずーっと前から迷惑かけられっぱなしだぜ? いまさら嫌いになるかよ」

「そっか……。ありがと」

 すこしだけ胸をなで下ろしながら、ロニンは王都を進み続ける。

   ★

 学生寮に到着した。
 シュンは男女別に分けられるのかと思っていたが、そうはならなかった。シュンとロニンは同じ部屋を割り当てられ、またも共同の生活を送ることになった。

 まあ、そのほうがシュンとしては助かる。
 もしロニンが別の部屋で赤の他人と同居することになり、尻尾を見られでもしたら。
 ロニンが魔王だと知られたら。
 それこそとんでもないことになる。

 当然ではあるが、部屋そのものは簡素なつくりだった。
 キッチンと風呂、それから正方形の居間。そこにベッドや本棚、テーブルを置いたらもうぎゅうぎゅうである。

「やったね、また一緒だよお兄ちゃん!」

 シュンのそんな心配なぞ露知らず、ロニンはベッドに飛び込む。

「新しい部屋。新しい土地。なんか私たち、け、結婚したみたい……?」

「……はぁ?」

 なに言ってるんだこいつは、とシュンは眉をひそめた。

「な、なんでもないよ! 私ご飯つくるから、お兄ちゃんはくつろいでて!」

 赤くなったロニンがキッチンへと逃げた。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く