引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

学園へご招待

「あ、ああ、ああんっ」
「だ、駄目だ。イク、イクぞぉ!」
「お願い、イクなら一緒に!」
「あああああっ!」


 どうでも良いけど、賢者タイムで自分のナニを拭くときって、なんとも言えない虚しさがある。

「……ふぅ」
 そんなことを思いながら、シュンは濡れた紙くずを放り投げた。
 スカッ。
 残念ながらゴミ箱には入らず、床に落ちてしまった。

「めんどくせー」
 ぶつぶつ言いながら、シュンは立ち上がり、紙くずをゴミ箱に捨てる。

 魔王との戦いから一ヶ月。
 シュンはひとり、平穏無事な毎日を過ごしていた。いつもの引きこもり生活である。
 ベッドで寝転がり、腹が減ったら菓子を頬張る。退屈になったら本を再読するか、すけーべな本を開いてオナニーする。それの連続だ。

 特になにも起こらない惰性の日々。

 反して、ロニンやディストは現在、魔王城で多忙な日々を送っている。なにせ二人は魔王とその側近なのだ。さぞ忙しいことだろう。いまは領地を拡大するために奮闘しているとのことだ。

 そしてすなわち、それは人間側の土地を奪うことを意味する。
 シュンとしては複雑な気分だった。ロニンを応援したいところではあるが、モンスターの行動範囲が広がれば、それは他の人間が苦しむことに直結する。

 人間とモンスター、双方がバランスよく共存するーー
 それはムシの良すぎる考えなのだろうか。結局どちらかが泣きを見るしかないのか。

 そんな答えの出ないことを考えてしまい、シュンは大きなあくびをする。

 ーー考えるだけ無駄だ。めんどくせぇ。

 シュンは自室を出て、リビングに入った。買い溜めしていたパンを取るべく、棚に手を伸ばす。

 だが。
 ーーない。
「ありゃ」
 シュンは思わず素っ頓狂な声をあげる。

 そういやつい最近、全部食べちまったばかりだったな。すっかり忘れていた。
 そうなると、まずいことになる。
 村人救出の際に貰った資金や食物が尽きつつある。あと数日もすれば、俺は餓死へのカウントダウンを迎えることになる。

 よくよく考えれば、それも当然だ。
 合計で四ヶ月も引きこもっていたうえに、うち二ヶ月半はロニンとディストを養っていたのだ。村人から譲り受けた資産など、湯水のごとく消えてなくなっただろう。

 やべ。どうしよう。
 いい加減に働くしかないのか?
 いや、絶対に嫌だ。なにがなんでも働きたくない。

 ーートントン。

 そんなことを考えていると、ふいに扉をノックする音が聞こえた。リビングの扉ではなく、玄関からだ。来訪者である。

「はいはい」

 シュンはズボンを履くと、玄関の扉を開ける。

 顔を出したのは母親であった。

「あ、シュン。起きてたのね」

「なんだよ」

 しかめ面で答えるシュン。

「あのね、別に嫌だったらいいんだけど……都から連絡が来てるのよ。あなたに学園に入学してもらいたいって」 

 ーー学園。

「それだ!」

 シュンは思わず叫び声をあげた。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く