引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

魔王様は村人にデレデレです

 ディストは限界の寸前だった。

 いくら一般モンスターが弱いとはいえ、その数が尋常ではない。激戦に次ぐ激戦に、ディストはさすがに疲労を極めていた。

「シュアアアアア!」
 オークの棍棒が、見事なまでにディストの背中に命中した。威力的にはたいしたことないが、それでも確実にディストのHPを抉る。

「ッてえな!」
 思わず激昂してしまい、ディストは縦一文字にオークを切り裂いた。
 脳天から入った刀身が、文字通りオークを真っ二つに分断した。紫色の鮮血が周囲に飛び散り、モンスターたちは一歩飛び退いた。

「ま、まだあんなに戦えるのかよ……」
「あのオークを鎧ごと真っ二つに……」
 モンスターたちはこう囁いているが、ディストの体力はすでにピークに達していた。すでにHPも危険域に突入しているだろう。

「どうかしてるな……。この俺が騒いじまうなんて……」 
 ディストは乱れる呼吸を整え、モンスターの軍勢に目をやった。
 そしてため息をつく。敵兵の数は一向に減る気配を見せない。この果てしなき戦いはいったいいつまで続くのか。ロニンやシュンもまだ帰ってこない。

 だが、ディストは信じている。
 あの二人なら必ずやり遂げてくれると。
 ならば、俺も音をあげるわけにはいくまい。全力で迎え撃つまでだ。

 そうして何時間剣を振るっていただろう。
「やめなさい!」
 ふいに、城下町に鋭い声が響きわたった。

 ーー誰だ……?
 ディストは杖代わりに剣を地に差しながら、ぼんやりと声の主を見た。敵兵たちもいっせいにそちらへと振り返る。

「ディストは私の側近です。傷つけることは断じて許しません」

 この聞き覚えのある声。
 まさか。
 ディストは自身の疲労をも忘れ、大きく目を見開いた。

 見間違いようがない。見間違えるはずがない。ロニンだ。
 だが、その威厳はディストの知る彼女とはまったくかけ離れている。
 ロニンは権力者たる威容を放ちながら、こつこつとモンスターたちの間を歩いてくる。

「ロニン……様なのですか?」
 一体の敵兵が問いかける。
「無論です。他に誰がいますか」
「い、いえ、別に……」
「先ほどセルスを始末してきました。時期魔王は私がなります」

 言いながら、ロニンは血で汚れた白いドレスを放り投げた。
 モンスターであれば誰もが知っている。この衣装は間違いなくセルスのものであると。
 数秒の沈黙ののち。
 モンスター達が大きくどよめいた。互いの顔を見つめ合い、なにやら話し合っている。

 やがて、ゾンビモンスターがおそるおそるといった様子で尋ねた。
「し、しかし……世論はセルス様に……」
「皆の衆。魔王にふさわしいのはどういう者ですか。弱者ですか。強者ですか」
「え……」
「私がセルスを始末したいま、時期魔王にふさわしいのは誰かと聞いているんです」

 ロニンの発言に、モンスターたちはまたしても小声で話し合う。

「そ……そりゃあ、やっぱり、なあ……」
 次の瞬間、モンスターたちはいっせいにロニンにひざまずいた。
「ロニン様!」
「ロニン様!」
 いっせいに時期魔王へ黄色い声をあげ続ける。


「……はっ」
 その光景を呆然と眺めていたディストは、思わず吹き出してしまった。

 ーーロニン様。本当にお変わりになられた。わたくしは嬉しいです……

 ディストはゆっくりと剣を鞘におさめると、ふらふらとした足取りでロニンに歩み寄った。
 モンスターたちが制止しようとするが、「やめなさい」というロニンの一声で思いとどまる。

 ディストはロニンの手前で立ち止まり、頭を垂れた。
「このディスト、ただいまロニン様のもとへ帰還いたしました!」
「……うん。あなたは本当に頑張ってくれました。ありがとう」
「はっ! この上なき幸せでございます!」

 ーーああ、臣下としてこれ以上の幸せはない。
 ロニン様。わたくしはあなたに一生ついていきます。

 そうしてディストが感傷に浸っていると、またしても闖入者が現れた。彼はぼさぼさと後頭部を掻きながら、ひとり、呟いていた。

「あー、やっと着いたぜ」
「あ、お兄ちゃん!」

 すると、先ほどまで王たる威厳を漂わせていたロニンが、急に甘っちょろい態度に変わってしまう。

 これにはモンスターたちもぽかんと口を開けるしかなかった。
 ロニンの変貌っぷりだけでも驚きなのに、時期魔王ともあろう者が人間などと親しくしているのだから。

 ロニンは目に涙を浮かべながら、勢いよくシュンに飛びついた。

「お、おう、どうしたいきなり」
 シュンがいつもの寝ぼけ眼でロニンを受け止める。
「ありがとう。お兄ちゃんのおかげで、私、私……」
「おお。そうだ、俺のおかげだよな。ははは」

 へらへら笑いを浮かべながら、シュンはロニンの頭を撫でる。
 そんな二人に、いつものディストであれば嫉妬の念を抱いたであろう。

 だが、もはやそんな感情さえ沸いてこなかった。
 あの村人のおかげで救われた。ロニンを無事に時期魔王に就任させることができた。
 そのことは、もはや変えようのない事実なのだから。



                  ~第一章 終~

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く