引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

引きこもり大魔王

 セルスは壊れた窓をぽかんと見つめた。

「……あの男、何者なの。魔王様が吹き飛んで……」

 茫然自失ぼうぜんじしつとしたその様子に、ロニンも苦笑を禁じ得ない。

 モンスターの頂点ーー魔王。
 この世で最も強い存在。

 そんな絶対的な強者を、貧弱そうな人間がいともたやすくぶっ飛ばしたのだ。

 さぞかしセルスには驚愕だったに違いない。

「あの人は……最強の村人だよ」

「村人、だって……?」

「そう。あの人のおかげで私は変われた。変わることができた」

「おまえ……」

 そこで初めてセルスは憎悪の感情を露わにした。眉を激しく歪め、瞳にも冷たさが宿っている。

 魔王がいなくなった途端にこの体たらくか。わかりやすい女だ。

 ロニンは右手を鞘に添え、戦闘の構えを取った。

「おかげであんたにも負けるつもりはない。全力で来ないと……死ぬよ?」

「…………!」

 セルスは焦ったように前傾姿勢を取る。

 彼女は魔法のステータスが高い。
 この戦いでも魔法で攻めてくるだろう。

 かくいうロニンも魔法タイプであるが、相手の戦い方に合わせる気はなかった。シュンのおかげで、物理系の戦い方もなんとかできるようになっている。

「その顔……生意気だね」

 表情を歪めたまま、セルスが太い声を発する。

「あんたなんか、どう頑張ったって私には適わないんだから! いまさら足掻いたって無駄なのよッ!」

「…………」

「死んじゃえ、死んでしまえ! このクソ女がァーーー!」

 叫声とともに、セルスの右腕から光線が放たれた。
 それはどす黒く塗りたくられた、憎悪の攻撃魔法。
 ロニンへの嫌悪をたっぷり込めて放った魔法に違いなかった。

 ロニンは片腕を差しだし、その光線を真正面から受け止めた。
 ーー死ね。時期魔王は私がなる。あんたなんかに譲ってたまるかーー 

 数々の欲望が聞こえてくる気がした。

 だが、そんな考え方は間違っている。自分のことしか眼中にない奴に、王の資格があるはずがない。

 そう。
 あの村人のように、真の優しさを持った人。

 彼のように私はなりたい。

「はあああああっ!」 

 ロニンは気合いを込め、その魔法を片腕だけで打ち消した。
 しゅうう……と、燃え尽きたあとの煙がロニンの手から発せられる。

「ば、馬鹿な……」

 信じられないといったように、セルスが後ずさる。

「ありえない。あんたなんかに……私の魔法が……!」

「…………」

 無惨にも後退するセルスに、ロニンは一瞬でも情を抱いてしまった。
 ロニンはぶんぶん首を横に振り、その甘い考えを打ち消す。
 彼女はきっと反省しない。生かしておけば、必ず復讐しにやってくるだろう。

 今日から私は魔王ロニンだ。もう甘ちゃんじゃない。

 ーー力を貸して、お兄ちゃん。
 ロニンは深く息を吸うと、思い切って地を蹴った。

 そのまま、なにも考えず、なにも意識せず、無造作に剣を突き立てーー
 セルスの腹部を、いともあっさりと貫いた。

「ぐうっ……!」

 セルスが大きく吐血し、激しく痙攣けいれんする。

「くそっ……あんたなんかに……あんたなんかにィ……!」

 最期にそれだけを呟き、セルスは帰らぬ者となった。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く