引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

馬鹿にしてると痛い目に遭うよ

 四天王の中心に無理やり立たされたロニンは、内心で不満を抱きながらも、戦闘の構えを取った。

 いままで、シュンがこの手の嘘をついたことはない。

 だから信じてみることにした。
 まだ出会ったばかりの村人を。

「……ほう、ロニン殿。やる気ですか」

 ローブたちが嘲るような笑い声をあげる。

「いくら魔王様のお子といえど、あなたはまだ未成熟。我々には遠く及びませぬよ」

「あはたは永らく人間の地に居座っていた。だが我々は違う。ずっと鍛錬を積んできた」

「ロニン殿。せめて安らかに死になさいな」

 四天王たちの嘲笑を、ロニンは聞き入れまいと意識の外に追い出した。

 ーーもう私は負けたくない。
 劣等者と言われ続けるのはもう嫌なんだ。

 ドドドドド……と城全体が揺れ始める。

 と同時に、四天王たちの両手が漆黒の輝きを帯びた。
 それは徐々に光度を増し、室内を深淵の闇に包み込む。

 ーー来る!

 四天王の魔法攻撃を予知したロニンは真上に高く跳躍した。

 その刹那、ロニンのいた箇所に、四天王の魔法が炸裂した。
 三体が放った光線が、空を切って激突したのだ。

 ぱっと目を射るような閃光が発生し、一瞬だけ訓練場が目映いばかりの光に包まれる。

 ロニンが元いた箇所には、もうもうと煙が立ちこめていた。一般のモンスターが喰らえば即死は免れない威力であった。

 四天王たちは、ロニンに避けられたことに気づかない。魔法が命中したと思いこみ、攻撃の余韻に浸っている。

 ーーいまだ!
 ロニンは静かに着地すると、鞘から剣を抜き、近くの四天王に襲いかかる。

「なっ……」

 その四天王が目を見開いたときにはすでに遅かった。
 ロニンの振りかぶった刀身が、寸分の狂いもなく四天王の首を捉えたからである。

 さっきまでロニンを嘲笑していた赤ローブは、呆気なく首を飛ばされ、その生命を終えた。

「なんだと……!」
「慌てるな! 次の攻撃を……!」

 恐慌をきたした残りの四天王にも、ロニンは容赦なく切りかかった。

 数秒後、断末魔の悲鳴をあげながら、ニ体の魔術師はその場に崩れた。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く