引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

引きこもりに危機なんかない

「ふん」

 四天王は鼻を鳴らすと、周囲に転がるモンスターの山を見回した。

 ゾンビ、幽霊型モンスター、巨大昆虫……。
 それらすべてを見渡したあと、四天王はたった一言だけ告げた。

「半端だな」

「……なにがだ」

「貴様の所行すべてがだ。ここのモンスター、みな生きているではないか」

 そう。
 さまざまなモンスターが累々と倒れているが、死者は出ていない。

 ディストにとって、彼らはかつて同じ領土で暮らした仲間なのだ。無慈悲に殺すことなどできなかった。

 それに、今回はモンスターを殲滅することが目的ではない。

 四天王はコー、ホー、とこもった呼吸をしながら、野太い声を発した。

「ロニンロニンと狂ったことを言っておきながら、敵を気絶させるだけに留めている。おかしいとは思わないか」

 ディストは下唇を噛んだ。
 ーーこの獣野郎、見た目に反してなかなかの観察眼だ。

「ディストよ、わかっているぞ。貴様の狙いは別にあるな?」

「……さあ。なんのことだかな」

 あくまでシラを切るディストに、四天王はぴくりと目を細めた。そのまま顔を見上げ、

「ウオオオオオオオッ!」

 と凶暴な咆哮を発する。

「ひいっ!」
「ぎゃああああ!」

 その音圧だけで、周囲のモンスターたちが吹き飛んでいく。

 ディストたちを取り囲んでいたギャラリーは、一転してぴくりとも動かなくなった。

 死んだのか、はたまた気絶しただけか、ディストには判断できなかった。

「この俺にくだらん嘘が通用すると思うなよ! 四天王が一人、このグリズオウ様が貴様を噛み砕いてやる!」

「……へっ」

 この危機的状況にあって、ディストは薄い笑みを浮かべた。

 ーーやっとだ。やっと俺の実力を試すことのできる相手が現れた。
 ロニン様、見ていてください。四天王のひとりなんか、この俺が軽く蹴散らしちゃいますからね。

 ディストはかっと目を見開くと、今日始めて、鞘から剣を抜いた。

「貴様こそ、たかが四天王ごときがこのディスト様に適うと思うなよ!」

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く