引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

俺たちなら三人でもモンスターたちをぶっ殺せる

「で……でけえな」

 シュンは思わずひとりごちた。

 森林を抜けた先でシュンたちを出迎えたのはーー巨大な魔王城。

 全体が漆黒に塗りたくられており、どこか禍々しさを感じる。いくつか設けられている小窓からは、真紅の光が漏れていた。

「お、おい、なんだよありゃ」

 シュンはとある方向を指さした。
 屋上から死体が吊されているのである。しかも一人や二人だけにとどまらず、数え切れないほどに。

「あ、あれは、だな」

 ディストは気まずそうに視線をそらした。

「魔王城に侵入しようとした人間を、ああして見せしめているのさ。実際、かなりの抑止力になっててな」

「そ……そうか」

 シュンはぼりぼりと後頭部を掻いた。

 思った以上に、人間への嫌悪感は高まっているようだ。
 人間がモンスターを敵視するように、モンスターも人間を嫌っている。そのことを思い知らされた気がした。

 魔王城の手前には荒野が広がっていた。 

 いくつも家屋が屹立しているのは、おそらく一般のモンスターが寝泊まりしているのだろうか。いわゆる城下町のようなものだろう。

「さて」

 ディストは荒野には入らず、ふいに立ち止まった。

「いったんここでお別れだな。互いの作戦が実ることを祈ろう」

「……ああ」

 シュンは小さく頷いてみせた。

 作戦。
 ディストが城下町からモンスターたちを陽動し、敵兵が減ったところで、シュンとロニンが内部から侵入する。

 いかにも単純な作戦だが、これが一番良いだろうとディストが提案したのである。

「いまや俺は《ロニン様のために狂った元幹部》に成り下がってるからな。モンスターの目を引くにはちょうどよかろう」

「……ディスト」

 ロニンが不安そうにディストを見上げる。

「死なないでね。また三人で、ご飯食べたいよ」

「……そうですな。ロニン様もご無事で」

 そう言うなり、ディストはシュンに目を向けた。

「人間なぞにロニン様を任せるのは口惜しいが……もはや頼れるのはおまえしかいない。頼んだぞーーシュン」

「おうよ」

 二人の男たちは拳をガツンとぶつけ合った。

 ーーそして。
 三人の《引きこもり軍団》による魔王城侵略は幕を切った。

「おおおおおおおおおおっ!」

 ディストが嘘の泣き顔をつくり、城下町に突進していく。

「よくも! よくも俺のロニン様をーーーーッ! 許せん! 貴様ら全員、ロニン様の名にかけて処罰してくれよう!」

 その奇っ怪きわまる演技にーーいや、演技じゃないのかもしれないがーーモンスターたちの注目がいっせいに集まった。

「な、なんだ!?」
「ディスト元幹部だ! 差し押さえろ!」

「ロニン様の加護を受けた俺を、簡単に倒せると思うなよぉぉぉぉ!」

 それを遠くから見ていたシュンが、呆れ顔でつぶやく。

「……なんだあいつ、演技が板についてんな」

「う、うん」

 ロニンも若干引いてしまったようである。

「ま、そのぶん時間も稼げるだろ。俺たちもいこうぜ」

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く