引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

小難しい話はナシだ


 魔王城へはなんの苦難もなく到着した。

 なにしろロニンもディストもいる。一般の人間では知り得ないような抜け道を通り、ものの数時間でたどりついた。

 もちろん、三人のすさまじい《俊敏性》の恩恵も大きいが。

 かくして、三人はいま、もの寂しい森林にただずんでいた。

 すべての樹木が天を貫かんばかりに巨大である。紫色の空を見上げても、木の天辺は窺えない。

 いずこからか、鳥の不気味な声も聞こえてくる。ロニンやディストにとっては慣れた土地だろうが、シュンにとっては気持ちの悪い場所でしかなかった。

「……なんか、やな場所だな」

 大量の落ち葉の上を歩きながら、シュンは呟いた。サクサクという小気味の良い音が響きわたる。

「……私が《人間の世界っていいね》って言ったの、これでわかったでしょ?」

 隣のロニンが真顔で言う。

「モンスターだって、できることならもっと良いとこに住みたいよ。だけど……」

 そこでロニンは言葉を区切り、うつむいた。

 人間とモンスターの闘争が続いて久しいが、情勢は確実に人間側に傾きつつある。

 その功績の多くが勇者アルスによるものだ。

 領土を人間に奪われ続け、ついに魔王城周辺だけがモンスター安住の地になってしまった。

 だからこそ、モンスターたちはいまピリピリしているのだ。逼迫ひっぱくしている現状で、強者でない者に魔王を任せるわけにはいかないと。

 暗い気分になりかけたロニンの肩を、シュンはぽんと叩いた。

「まあ、いまは小難しい話はナシだ。とりあえず、魔王たちを見返すことを考えようぜ」

「う、うん……」

 だけど。
 ロニンはどうしても懸念せずにはいられない。

 もし私の実力が認められたとして、あなたはどうするの。

 魔王城のなかに入った後じゃ、きっと誰も逃がしてくれない。

 特にいまは、人間への嫌悪感が高まっているというのに。

 それを告げようとしたが、シュンの場違いな明るさに負け、結局なにも言えなかった。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く