引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

童貞だから仕方ない

「つ、辛い……」

 ベッドで寝返りを打ちながら、ディストは呻いた。

 引きこもり生活を始めて一週間。
 なにもすることがない。

 隣の部屋でロニンと会話する分には《レベルアップ》に支障ないが、それだと成長速度が遅いらしい。

 やはり、自室に完全にこもってこそ真の引こもりであるーーなどと村人はドヤ顔で言っていた。

 納得できないが、いまは従うしかない。なにしろシュン自身がレベル999なのだから。

 隣室のロニンといえば、物音たてずじっと引きこもっている。部屋から出たようすもない。

 素直にすごいと思う。
 魔王城では、暇を持て余して部下にちょっかいばかりかけていたのに。だからおてんば娘などと呼ばれていたのに。

 ーー変わられましたな、ロニン様。

 その成長が、嬉しくもあり寂しくも感じる。
 ロニンが変わったのは、ディストではなくシュンのおかげなのだと。

 ならば、俺も頑張るしかない。
 引きこもるだけで本当に強くなれるのか。どうしてもそこに疑問を感じてしまうが、どうせいまは足を痛めている身。   

 どの道俺には引きこもる以外の選択肢はないのだ。

 そう思って再び寝返りを打とうとした瞬間ーー

「うぎゃーーーー!」

 突然の悲鳴で意識が覚醒した。
 いまの声はーー間違いなく……!

「ロニン様!」

 いてもたってもいられず、ディストは自室を飛び出した。

 隣室の扉を勢いよく開けながら、大声を張り上げる。

「ロニン様、どうされましたか!」

「ディ、ディスト……こ、これ……」

 顔を真っ赤にしながら床にへたれこんでいるロニン。

 その手に持っているのは。
 女の裸が描かれた、すけーべな本。

「これがベッドの下にあって……ディスト……なにこれ……?」

「いや、なにと言われても……」

 口ごもるディスト。
 おおかた、あの村人が隠すのに失敗したに違いない。

 ーーあの不敬者が。ロニン様になんてものを……!

「ちょいと失敬。村人に問いつめてきますゆえ、その本を貸していただけますかな」

「う……うん……」

 おそるおそるといった表情で本を差し出してくるロニン。

 その怯えた表情。可愛そうに。本当に怖かったんだろう。  

 怒りを爆発させながら、ディストはロニンの部屋を出ると。

 すけーべな本の表紙をひらと見やった。

 ごくりと唾をのむ。
 ーーどうしよう、村人を怒鳴るのは当然としても、なんか……

 ディストは周囲を見回すと、自室に戻り、その本をこっそり楽しんだのであった。

 ディストは童貞であった。


 ーーそのような波乱も交えながら、シュンの《引きこもり修行》は続いた。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    てか、シュンってまだレベル上がるんですか?

    0
  • くりす

    魔王城におって「引き篭もり」レベルアップしなかったのかよw

    6
コメントを書く