引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

本当に、この村人だけはわからない

 気づいたとき、ディストは地に寝かされていた。

 視界に映るのは満天の星空。

 ああ、俺はまた地べたで昼寝を……
 そこまで考えて、ディストは全身に寒気が走るのを感じた。

 急いで上半身を起こし、周囲を見渡す。
 草原だ。
 ただひたすらに芝と木だけが広がる大自然のなかを、ディストは無防備にも眠ってしまっていたらしい。

 ーーいや。

 違う。

 眠っていたというより、気絶させられたのだ。

 俺は……

「よォ」

 ふいに脇から声をかけられ、思わず飛び退こうとする。

 が、できなかった。

「うぐっ……」

 ディストは自身の腹を抱え、うずくまる。

 全身に鋭い痛みが走り、動くことができない。かろうじて上半身だけは動かせるが、足はまだ言うことを聞いてくれそうにない。

「おいおい無茶すんなよ。動けねえだろ?」

「き、貴様……!」

 あの村人だった。変わらないヘラヘラ笑いを浮かべている。

 彼はあろうことか、ずっとディストの隣で横たわっていたらしい。

 ーーまさか。
 まさかこいつは、俺の防衛をしていたというのか。

 こんなところで寝ていては、通りがかった人間に殺されるおそれがあるから。俺には立派な尻尾が生えているから。

 見殺しにせず、かといって自分の手で殺しもせず……

「なぜ……」

 知らず知らずのうちに、ディストはつぶやいていた。

「なぜ俺を殺さない! 敵に情けをかけられるくらいなら、いっそ死んだほうがよほどいい!」

「まあまあ、そう言うなよ」

 あくまで村人の様子は明るかった。どこまでも掴みきれない奴だった。

「おまえがクッソみたいに憎い奴なら、俺だってそうしてたさ。けど、そうは思えなかったもんでな」

「…………」

 押し黙るディスト。

 そういえば、この村人は以前にも同じことをしていたようだ。
 よくわからない理由で勇者と戦い、よくわからない理由で殺さなかった。

 それとまったく同じことをされたということか。
 物思いに耽っていると、シュンは思いもよらない言葉を発した。

「ロニンと会いてえんだろ? なら会わせてやるよ」

「なっ、なんだと!?」

「ただし、いきなり暴れようってのはナシな。まあ、その身体じゃできねえだろうけど」

「…………」

 ぱくぱくと口を開けたまま、ディストはなにも言えなかった。

「そこから二人で逃亡したきゃそうしろよ。俺は止めねえ。あ、おまえたち二人がかりでも俺には勝てないから。間違ったこと考えるなよ」

「……な、なぜ……」

 全身を震わせながら、ディストは呟いた。

「貴様は人間だろ! なぜ我らに情けをかける!」

 さしもの村人もこれには答えられなかったらしい。後頭部をぼりぼり掻きながら、自信なさそうに答える。

「いや、それがなぁ……。俺にもわっかんね」

「はっ……?」

「モンスターってな、俺たちは《凶暴で手をつけられない存在》って教わったんだよな。でも実態は違うみたいな。そんな奴を簡単には殺せねーよみたいな……」

 台詞の後半はかすれ声だった。彼も自分自身でよくわかっていないのだろう。

「さ、行くぞ。歩けねえだろ? おぶってやんよ」

 言いながら、ディストを持ち上げようとするシュン。

「ば、ばか貴様! 触るな!」

「おいおい暴れんなって。それだけロニンに会える時間が減るぞ」

「ぐ……!」

 言われるままにおぶられるシュン。この歳になって抱っこされようとは思ってもいなかった。

「嫌な顔すんなよな。俺だって、できりゃ可愛い女の子をおぶりてえよ」

「わ、悪かったな! むさ苦しい男で!」

 ーーロニン様。
 貴方様が、なぜこの男についていったのか。
 いまなら、すこしだけわかる気がします。

 年甲斐もなく抱っこされながら、ディストはそんなことを考えたのであった。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • チキン   ふうわ

    言われるままにおぶられるシュン。
    シュンがおぶられてませんか?

    4
コメントを書く