引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

ただの村人なわけがなかった

「な、なんだ……」

 人型モンスターはぽかんと口を開け、意識を失ったゴブリンを見下ろした。

 ーーいったいなにが起きた。

 ロニンの側近として、長い年数を戦いに費やしてきた。それだけに経験は豊富であると自負していた。

 魔王や勇者には適わないまでも、そこそこの実力は持ち合わせているはずだと。

 しかし、いま目の前に繰り広げられた光景は、その自尊心を完璧に抉るものだった。

 まったく見えなかった。
 いや、かろうじて、シュンがゴブリンに攻撃したところまでは見えた。

 しかしそれがどんな攻撃だったのか、どれほど重い一発だったのか、人型モンスターにはこれっぽちも捉えることができなかった。

 ーーありえない。この俺が……!

 そのシュンが、今度はこちらに目を合わせてきた。

 ぞくりと寒気が走る。
 無意識のうちに、人型モンスターは戦闘の構えを取った。

 シュンの構えは正直、素人感丸出しだ。これまでろくに《戦闘》というものをしてこなかったことが窺える。

 だからこそ油断していた。あんな奴はゴブリンですら簡単に倒せると。

 それが命取りだった。俺の軽率な判断で、部下を一体、死なせてしまった。

 ーーくそったれが……!

「ディスト様……」

 脇のゴブリンが不安げに名前を呼んできた。

「ディスト様、あの人間は何者でしょう……? ただの村人のくせに、仲間を一瞬で……」

「馬鹿者が!」

 人型モンスター……ディストは声を荒らげた。

「奴が《ただの村人》なわけなかろう! 奴が報告にあった要注意人物Bだ!」

 要注意人物B。
 オーク軍団を全滅せしめるに留まらず、魔王の娘までをも誘拐した危険人物。

 ただし、その素行は謎に包まれている。

 てっきりモンスター側の敵なのかと思っていたが、報告によると、彼はあの《勇者》アルスを戦闘不能にしたらしい。ちなみに要注意人物Aこそが、その勇者アルスだ。

 飛び抜けた強さ。
 そして意味不明な行動。

 それらをもって、魔王はこの村人を要注意人物に認定した。

「ほーん。俺、そんなふうに呼ばれてんのか」

 話を聞いていたシュンが、どこかとぼけた調子で言う。

「なら話がはええや。無駄な戦いだってわかってるだろ? めんどくせーから消えてくんねえかな」

 ーーくそっ。
 ディストは思わず舌打ちした。

 不思議に思うべきだった。
 ただの人間が、待ちかまえるようにこの場所に立っていたことを。

 きっとこの村人は、我々が村にやってくることを予見していたのだ。

 だから先手を打って、自分ひとりでここへ出向いたに違いあるまい。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く