引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

引きこもりに地理なんかわかりません

 本日の朝食ーー時間的には昼食だがーーは外で食べることになった。

 ロニンがどうしてもと駄々をこねたからである。

 シュンも最初は渋ったが、この一週間、ロニンは本当に頑張った。

 苦手であるはずの《引きこもり》を、見事に耐えてみせた。

 目標の一ヶ月にはほど遠いが、たまには外に出るのも悪くないだろう。

 ロニンがずっと家にこもっていては、村の人々も不審がるおそれもある。

 というわけで。
 シュンとロニンはいま、村の外を歩いていた。

 もちろんすぐに帰るつもりだ。
 あまりダラダラすると、《引きこもり》の獲得条件を逃す可能性がある。

 ーーのだが。

「シュン様!」
「シュン様!」

 通りすがる村人たちがそうさせてくれない。

 彼らはシュンを見つけるなり、大仰に頭を下げた。

「あのときは助けてくれてありがとうございました!」
「俺、シュン様がこんなに強いなんて知らなかったです!」 

「あー……うん。そっか」

 シュンにとって、彼らはほとんど記憶に残っていない。

 パッパッと流れ作業的に牢屋をぶっ壊していったので、いちいち顔を覚えていないのだ。 

 まあ、彼が村民とほとんど関わりがないというのもあるが。

 それを見たロニンが、感心したように言った。

「人気者なんだねー。お兄ちゃん」

「誰のせいだと思ってんだよコラ」

 突っ込みを入れつつ、シュンはロニンの耳元でささやいた。

「その尻尾。出ないように気をつけろよ」 

「わかってるってば」

 ロニンの尻尾は水玉のズボンのなかにしっかりと隠してある。

 これでロニンがモンスターであることは気づかれないと思われるが、彼女のことだ、いつボロが出るかわからない。シュンは厳重に注意を促しておいた。 

「あー、ところで、うん」 

 シュンは咳払いをしつつ、村人たちに問いかけた。

「どこか、おすすめのレストランとかないかな? ぜひ教えてほしいんだが」

 長年引きこもっていた彼にとって、村の地理なぞまったくわからないのであった。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く