引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

引きこもりになるための厳しい修行

 シュンいわく、引きこもりは最強の職業らしい。

 働いていないのになにが職業なのかーーと問いたくなったが、それは黙っておいた。

 では、なぜ最強なのか。

 それは成長の効率が最も良いから。シュンはそう語っていた。

 この世界では、職業に応じた働きをすることで経験値が溜まり、レベルが上がっていく。

 料理人は、料理をすることで。
 剣士は、戦うことで。
 商売人は、物を売ることで。

 それぞれの職に見合った功績を上げることで、ステータスが上がっていく仕組みである。

 その点で見れば、引きこもりはたしかに最強である。

 なにせ家でぼーっとしているだけで経験値が溜まるのだ。睡眠時間すらも《働いている》ことになるので、まさに一日を通してレベル上げに勤しんでいることになる。

 シュンの言う、効率の良さとはこのことだ。

 剣士は命がけで戦わなければステータスが上がらない。非常に効率が悪いのだ。

 ちなみにこれはシュンもロニンも知らないことだが、剣士などはレベル上げの効率は悪いものの、一レベルごとに上がる数値は高い。

 逆を言えば、引きこもりは一回ごとに上がる数値は低めである。

 だが、剣士はその効率の悪さゆえに、一生をレベル二桁で終えるケースが多い。

 シュンの場合、一回ごとのステータスの上がりは低いものの、驚くべき引きこもり年数が積み重なり、とんでもなく強くなっていたというわけだ。

 ーー引きこもりは強い。
 このことに気づけたのは、この世界でシュンとロニンだけである。

 そして引きこもりの《職業》になるには、最低でも一ヶ月の八割を、家に引きこもっていなければならない。

 ロニンはまだ一週間。
 耐えどきなのである。

 が。

「うぅ……」

 ベッドに腰掛けながら、ロニンは情けない声を発した。

 暇だ。あまりに暇すぎる。

 話し相手が欲しい。

 シュンは今後のためにも「一人の時間にもっと慣れろ」と言っていたが、もう限界である。

 ロニンは自室を飛び出し、そそくさとシュンの部屋へ向かった。家から出なければ《引きこもり》の条件を満たすので、これくらいなら問題ない。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く