引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

チートな村人の英雄譚

 ロニンはしばらくなにも言えなかった。

 強いなんてもんじゃない。
 もはや常識の範囲を超えている。
 まさにモンスター……化け物のごとき強さだ。

 すべてのステータスが万越え。
 魔法攻撃力に至っては限界突破寸前だ。勇者では適わないわけである。

 レベル999という数値も驚きだ。
 こんな数字、見たことがない。

 たっぷり数分間も口をパクパクさせているロニンに、シュンは苦笑しながら言った。

「ずーっと前から、俺は引きこもりでな。引きこもれば引きこもるだけ、レベルが上がっていくらしい。んでもって、ステータスもこの強さだよ」

 う、嘘でしょ……?
 ロニンはもうそれしか言えなかった。

 ずっと部屋にこもっていたのであれば、それはロニンとて同じことだ。だがシュンのように桁外れなステータスは持ち合わせていない。

 なんで。
 なんでこれほどの力の差が……

「なるほど……そういうことか……」

 ふいに男の声がして、ロニンはひいっと身を縮こませた。

 視線を向ければ、さきほど村人が宣言したように、早くも目を覚ましたアルスの姿があった。

 ただし、思うように身体を動かせないのか、膝立ちの姿勢ではあったが。

 たぶんこれも村人の計算内なのだろう。目を覚ましてまた暴れ出さないよう、殺さない程度に深刻なダメージを与えたのだ。

 アルスは片腕を抑えながら、半笑いで言った。

「ふふ……村人よ。完敗だ。貴様には何度挑んでも勝てそうにない」

「だろ? だからもう無駄に足掻くなよ」

「安心しろ。さすがにこれ以上戦う気はないよ」

 そこで勇者は悲しそうにうつむくと、改めてシュンを見据えた。

「それだけに残念だ。貴様ほどの者ならば、あの魔王すら倒せるだろう。きっと多くの者から賞賛される。貴様は英雄になる」

「悪いな。そういうの興味ねえ」

 ばっさり切り捨てるシュン。
 彼にとっては、家にこもり、自分の時間を満喫することこそが至福なのだ。

「はっ……まあ、そうだろうと思ったよ」

 アルスは諦観の笑みを滲ませつつ、話を続けた。

「ならば、その魔王の娘はどうする。この場で逃がしたところで、俺はいつか、魔王とその女を殺すつもりでいるぞ」

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く