引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

強くなりたい? なら引きこもろうぜ!

「え……」

 勇者と村人の戦い。
 その短い決着に、ロニンは驚きを禁じ得なかった。

 あの村人が通常ありえないステータスを持っていることはわかる。
 それはユグドラシル・デュアルを指二本で止めたことからもわかる。

 けれど。

 《勇者》だってただの雑魚ではない。
 いまは力及ばずであれど、いずれ魔王に匹敵する強さを持つであろうと予想されていた。

 なのに。

 そんな勇者を、村人は一瞬で倒してみせた。
 ひょっとしたら、魔王ですら不可能かもしれない離れ業を。

「気にすんな」

 シュンは顔をロニンに向けないまま、声だけをかけてきた。

「軽く気絶させただけだ。すぐ目ェ覚ますだろうよ」

「そ……そう……ですか」

 思いがけず敬語になってしまう。

 興味があった。
 村人の強さの理由を。
 そして願わくは、自分も彼のように強くなって、魔王の娘として恥ずかしくない存在になりたい。

 だから自然と、ロニンは村人に聞いていた。

「教えてください……どうしてお兄ちゃんは、そんなに強いんですか?」

 しかしながら、返ってきた答えは、あまりに予想外だった。

「んー? 簡単さ。ずっと引きこもってりゃいい」

「……え?」

「おまえも強くなりたいんなら、ずっとヒッキーしてようぜ。ビバ引きこもり」

「え……えっと……」

 ろくな返答が浮かばず、ロニンはしどろもどろになった。

 ふざけているのかと思った。
 魔王も勇者も、強くなるために日々自身を鍛えているというのに。

 ロニンは知っている。
 勇者に負けぬよう、毎日厳しい修行をしている父親を。

 ずっと引きこもっているだけで簡単に強くなれるほど、甘いわけがないのだ。

「なんだその顔。信じてねえな」

 シュンはむっとしたように顔を膨らますと、「ステータス・オープン・シェア」と唱えた。

 文末に「シェア」と添えると、他人に自身のステータスを開示できるようになるのである。

 そうして空中に浮かんだ文字列を見たとき、ロニンは目が飛び出るかと思った。


《HP 60008/60010
 MP 76690/76690

 物理攻撃力 80677
 物理防御力 79566
 魔法攻撃力 90007
 魔法防御力 88077
 俊敏性   70450

【職業】
 引きこもり Lv.999
【スキル】
 開示されていません 》

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く