引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

圧勝劇

「やれやれ……」

 シュンはぽりぽりと後頭部を掻いた。

 ーーやっぱ戦う羽目になったか。
 めんどくせぇ。

 シュンは寝ぼけ眼をこすりながらも、《勇者》アルスの鬼気迫る眼光を真正面から受け止めた。

 自分が間違ったことをしているとは思っていない。

 いくらモンスターといえど、問答無用で殺すのは間違っている。
 それでは人間もモンスターと同様だ。

 ふいに服の裾を引っ張られる感触があった。
 振り向くと、うつむいたロニンが、控えめにシュンの服を掴んでいた。

「なんだよ?」

「なんで……お兄ちゃんは私を守ってくれるの?」

 もじもじするロニンに、シュンは肩を竦めてみせた。

「さあ。知らん」

「へ?」

「とにかく下がってろ。巻き込まれて死なないようにな」

「う……うん」

 言われた通り、ロニンは数歩下がった。そのまま逃げ出せばいいものを、律儀にシュンを見守っている。

 それだけ、ロニンはこの村人に興味が湧いていた。

 かつて自分にこれほど優しくしてくれた者なんていなかったから。

 そりゃあ魔王の娘だし、ちやほやされたりはしたが、どこか他人行儀のようなものを感じていた。父でさえロニンをそのように扱っているように感じた。

 けれど、シュンは違う。
 態度はかなりそっけないけれど、自分のことを真に気にかけてくれている。

 そんな気がした。

 ーーだから、勝って。お兄ちゃん。



 という緊迫感は長く続かなかった。
 まさに一瞬の出来事だった。

 猛然と振り下ろされた勇者の剣を、シュンは軽々と避けきってみせた。

 そして。
 シュンは人差し指だけを立てると、勇者の額にそっと触れた。

 それだけ。
 たったそれだけだった。

 勇者の身体はビクンと痙攣けいれんした。

 そのままガクンと膝を落とし、白目を剥いて倒れた。

 そうして、あまりにも呆気なく、村人と勇者の戦いは終わったのだった。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く