引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

こんな村人がいたら勇者なんていらないんじゃないかな

「はは……なにを言うかと思えば」

 額に手を当て、乾いた笑いを浮かべるアルス。

「まさか、その女が実は善良な心の持ち主でしたーーみたいなことを考えているわけではあるまいな!」

「…………」

 シュンは答えない。

「よく聞け! そいつはな、昨日、とある村を襲ったんだ! 村人たちはいま、この洞窟内に捕らえられている。俺は彼らを助けにきたんだよ!」

「あっそ」

 今度はシュンが乾いた笑みを浮かべる番だった。

「ちなみに、その村人たち、もう俺が助けてあるから」

「……なんだと?」

 渋面をつくるアルスに、シュンはひょいとある方向を指さした。

 薄暗い洞窟の壁際に、中年の男女が二人、シュンを見守っていた。アルスに睨まれるなり、ひゃあと身を隠してしまったが。

「あれな、俺の親。めんどくせーことについてきやがった。他の奴らはもう、とっくに帰ってる」

「ば……馬鹿な……」

 アルスは二の句が浮かばず、ただ呆然と立ち尽くした。

 てっきり嘘だと思っていた。
 ここまで反則的な強さを持つ男が、まさか本当に村人であるはずがないと。

 なにも言えないアルスに、シュンは言葉を続けた。

「んでもって、村を襲ったのはロニンじゃねえよ。魔王の命令だ。途中でモンスターに吐かせた」

「……なんだって?」

「もしロニンが勇者に負けそうになったとき、村人を人質に取るつもりだったらしいな。つまりこれは全部、魔王の計らいなんだよ」

 そして、アルスはそのことをまったく知らなかった。
 決めつけていたのだ。
 村を襲ったのはロニン。村人を捕らえたのもロニン。
 すべて、ロニンが悪いのだと。

「な、わかったろ?」

 とシュンは言ってみせた。

「あんたはロニンのことを実際によくわかっていない。なのに、すべての根元がロニンだと思っていた。これがどんなに馬鹿馬鹿しいか、わかるか?」

「ぐ……」

 アルスはなにも言えなかった。悔しさを抑えつけるように、歯をきりきりと軋ませる。

 それだけシュンの言い分は正しかった。

 ロニンはまだ世界を知らないのだ。
 ただ魔王の娘というだけで、人類の憎しみと殺意をその身に受けてしまっている。

 ロニンという、小さな女の子の本質も知らずに。

 すっかり論破されてしまったアルスは、どうしても劣等感を抱かずにいられない。

 このシュンという男はいったいなんなのか。
 この強さ、この思慮深さ。
 すべてにおいて、村人の域を超えている。

 もしかしてーー《勇者》である自分すらも。

「お……おのれ……」

 いつしか、その劣等感は憎悪に変わっていた。

 アルスは剣の先をシュンに向け、なかば自棄になって言った。

「貴様がなんと言おうと、その女は魔王の娘。本質がどうであろうと、殺すべき宿命の敵だ。もし邪魔するのであれば、貴様とて殺してやるぞ」

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く