引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

引きこもってたら強くなってました


「なににビビってるのか知らねえが、おまえはここで死ぬんだぜ。おとなしくしてろや」
「へ? 俺ここで死ぬの?」

 オークのドスの効いた声に、シュンは目を点にする。
 だって困るのだ。
 別に生への執着があるわけではない。人生の大半を自室で過ごしていた彼にとって、これといって目標もない。
 単純に死にたくない。
 というより、童貞のまま死にたくないのだった。

「そりゃあ困るなぁ。村に返してくれよ」
「はあ? 馬鹿かテメェは。さっきの話を聞いてなかったのかよ」

 オークはオホオホと太い鼻を鳴らして言った。その息づかいが、なんだかさっきの悪夢に似ているようで、シュンは思わずぞくりとする。

「テメェらは《勇者》を殺すための人質なんだよ。返すわけねえだろうが」
「ふざけんな。人質になんかなりたくねえぞ俺」
「は、話の通じねェ奴だな……」

 シュンの常識外れな発言に、さしものオークも呆れを隠せない。

「逃げようたって無駄だぜ。村人はみんな、別の牢屋に捕らえてある。ひとり残らずな」
「ほぉん?」
「かといって、《勇者》の助けなんか期待するんじゃあねえぞ。奴は今日、ロニン様によって殺される運命なのだ!」

 うっせー豚だなぁ。
 シュンは小声で悪態をつく。幸いにも豚には聞かれなかったようだ。

「で? そのロニンって誰よ」
「知らないのか? 魔王様のお子にして、魔王様に次ぐ実力者だぞ!」
「ほーん」

 ーーってことは、そのロニンって野郎が事件の首謀者か。
 シュンはにたりと笑うと、右手で鉄格子を掴んだ。

「じゃあ、そのロニンって奴をぶっ飛ばしにいくとするか」
「……は?」

 オークは数秒目を瞬かせると、弾けたように大笑いをした。

「わっはっはっは! テメェがロニン様を倒すだって? 馬鹿か! ただの村人が、魔王様のお子に勝てるわきゃねえだろうが!」
「はは……そうかな?」

 ただの村人。
 まさにその通りだ。
 しかし、だからこそーーシュンは他の者にはない強さを抱えていた。

 当のシュンは預かり知らぬことだが、この《世界》において、引きこもりは彼ぐらいしかいない。若い者は働かなければならないーーという観念がかなり強いからだ。
 その状況にあって、シュンは他の者にはないスキルを持っていた。

 すなわちーー引きこもりレベル999。
 数年間も引きこもっていた彼にしか持ち得ないステータスである。

 この事実を彼が知ったのは、つい昨日のことだ。
 昨晩のモンスターの襲撃において、シュンはかすり傷ひとつ受けなかった。オークが全力で振りかぶった棍棒さえ、彼にとってはすこしかゆかっただけだ。あまりにちょろくて居眠りしてしまうほどに。

 自身のステータスに浮かぶ、《引きこもりレベル》。
 どうせたいしたことないだろうと思っていたステータス。
 だが、これしか考えられないのだ。自分の化け物じみた強さは。

 シュンは鉄格子を掴むと、
「そいや」
 軽く力を入れてみた。

 途端。

 バキン!

 乾いた音を響かせながら、鉄格子の一部が破壊された。シュンの右手には、砕かれた鉄片が握られている。

「ば……馬鹿な……」
 格子の向こうで、オークが数歩後ずさる。
「俺でさえビクともしない牢屋を……そんな、馬鹿な……。おい、聞いてねえぞこんなの……」
「バカバカうるせえよ。これが現実だ」

 シュンはもう一度、次は拳を鉄格子に打ち付ける。
 彼の拳から放たれた衝撃が、波のように鉄格子に広がっていき。
 またしても、バキンという音を響かせながら、鉄格子が全壊した。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く