転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使徒~

夜州

第二十二話 新しく現れた者

 
「おまたせしましたっ」
 
 カインが戻ってきた時にはすでに戦闘は始まっていた。
 裂け目を避けるように、襲撃者たちは二手に分かれている。
 クロード、リサで分かれ、もう一方をミリィ、ニーナ、そして他二名の冒険者。
 リサとニーナが分かれて魔法を放つことによって、襲撃者たちは近づくことも出来ない状態であった。
 それでも魔法の合間に近づく者はクロードの剣の餌食となっていた。
 
「おせぇぞ! それであっちはどうなった?」
「とりあえず、全員出てこれないようにしてますから、後で対処します」
「あっちも敵だったか……」
「はい、バルド子爵の手勢でした」
「マジかよ……」

 剣を振るいながら口を開くクロードに、カインは自分の剣を抜きながら答える。
 
「わかった、まずこいつらをやっちまうぞ」
「はいっ! とりあえず……」
 
 同じようにカインは地面に手を当てる。
 
落とし穴アースフォール
 
 バルド子爵たちと同じように、襲撃者達を飲み込むように地面は沈んでいく。
 あっという間に全員が穴の下に閉じ込められた。
 
「「「「…………」」」」
 
 クロード達も口をポカンと半開きにし、そしてカインに視線を送る。
 
「取り敢えず、こんな感じで……」
 
 しかし、クロードやミリィ達からの冷たい視線がカインを突き刺す。
 他二人の冒険者は、何が起きたのかわからない状態であった。
 突如としてできた穴に閉じ込められた襲撃者たちも、同じように唖然としていた。
 
「……規格外のSランクなのが良くわかったよ……」
 
 クロードは頭を掻きながら苦笑し、穴の中に閉じ込められている襲撃者たちを見下ろす。
 
「それで、どうするんだ? こいつら……」
 
 穴の中からクロードに向かって火球が飛んでくるが、一瞬にして斬り捨てる。
 
「しつこいから全部燃やす?」
 
 ニーナが恐ろしい事を言うが、カインは首を横に振る。
 
「取り敢えず国に引き取って貰おうかと。このままだと戦争になりますからね……」
「だよな……。俺たちじゃ荷が重すぎる」
「全部灰にするとか?」
「ニーナ!」
 
 手の平に炎を浮かべるニーナに、ミリィが止めにかかる。
 そんな時、カインの探査サーチにまた新しい集団が、エスフォート王国側から向かっているのを感じた。
 カインは王国側を眺めながら呟く。
 
「もしかして……また新手がきたかも」
 
 カインの言葉に全員が耳を傾ける。
 
「ここは私たちで見てるわ。クロード、カインと向かって」
「おう、カイン行くぞ」
「はいっ」
 
 リサの言葉に二人は頷き、バルド子爵が閉じ込められている方向へと向かう。
 カインたちに向かう集団は、先頭に一騎が駆け、それを追うように二十人ほどが向かってきていた。
 
 しかし、その先頭を見てカインは頬を緩める。
 先頭を走っていたのは、白銀の鎧、緑色の髪を靡かせている女性、ティファーナであった。
 バルド子爵達が閉じ込められている大穴の前で馬を止めると、ティファーナは上から見下ろしてため息をつく。
 そして、大穴を大回りするようにカインの近くへと駆け寄って、馬から下りると勢いよくカインに飛びついた。

「カイン、会いたかったぞっ! それにしても……これはなんだ?」

 視線を大穴の下で何もできずにいるバルド子爵達に一度視線を送り、カインに質問する
 
「両方から襲撃を受けたので、取り敢えず閉じ込めておこうかと……」

 クロードも閉じ込められた兵士達を見下ろし、ため息をつく。

「反対側もこんな感じだ。全員閉じ込められている」
「そ、そうか……。やはり私の婚約者なだけあるな」
 
 カインの頭を撫でながら答えるティファーナに苦笑しながらもカインは頷く。
 
「それで……ティファーナはなぜここに……?」

 思い出したかのようにティファーナは口を開く。
 
「そうだっ! バルド子爵の企みの情報を掴んで、すぐに王城を飛び出したんだ」
 
(王都を放ったらかして近衛騎士団長が飛び出したらマズイでしょ……)
 
 ティファーナから王都でカイン達の襲撃の事を知り、エリック公爵だけに伝えて近衛騎士団を半分に分けて、王都を出たということを聞く。
 
「それでこいつらは……」
「勿論、全員捉えて王都まで運ぶ予定だ」
「反対側の襲撃者はイルスティン共和国の元議員を含めて、闇ギルドもいるみたいです」
「むむ……それでは勝手に王国へ運ぶ事もできないな……」
「取り敢えず国境の砦の監獄に閉じ込めておくのはどうかな?」

 悩むティファーナに、カインが提案すると、大きく頷いた。
 
「そうしよう。しかしバルド子爵は別に話を聞かないとダメだな……」
 
 ティファーナは鋭い視線を大穴の下で何もできないバルド子爵へと送る。
 カイン達が話していると、ティファーナを追いかけてきた近衛騎士団も到着した。

「団長! 速すぎですよっ。いくらカイン様が襲われるからといっても……。ってこれはっ……」
 
 到着した近衛騎士団も、大穴の中に閉じ込められている襲撃者達を見下ろして唖然とする。
 
「……流石にこれはないでしょ……」
「だよな……。戦いにもならないぜ、これ……」
「剣でも勝てないけど、魔法も規格外これかよ……」

 到着した騎士団も小声で話し合う。
 
「よし、まずは全員を捕らえるぞ」
 
 ティファーナの言葉で、全員が剣を抜き戦闘の準備をした後、カインは大穴の下で何もできないバルド子爵たち襲撃者に向かって声をかける。
 
「全員、武器を捨ててください。これから全員を捕らえます」
 
 しかし、カインの言葉に武器を手放す者などいない。
 逆に罵倒する言葉が返ってくる。
 
「ここに閉じ込められたって、負けた訳じゃないっ!」
 
 兵士たちは口々にするが、その言葉は――一瞬で消えた。
 
 カインの上には、数メートルはあろうかという火の球が浮かんでいる。
 
「そうですか……なら……」
 
 にやりと笑うカインに、一人が武器を投げ捨てると、次々と兵士たちは武器を投げ捨てて行く。
 全員が武器を手放し両手を挙げた。
 
「ちょっと待ってくれ! 武器は捨てたっ! 頼む。それだけは……」
 
 武器を捨てたことに、カインは頷いて火の球を拡散させると、襲撃者たちも少しだけ安堵した表情をする。
 
「それでは、階段を作るので、指示の下、一人ずつ上がってきてください」
 
 カインは大穴の脇に手をかざし魔法を唱えると、土が盛り上がり、一人が通れる位の階段が出来上がってくる。
 誰もがその状況に息を飲んだ。
 
「では、バルド子爵、先にあがってくるように」
 
 ティファーナの言葉に、苦虫を噛み潰した表情をしながらも、一歩ずつゆっくりと階段を登る。
 そして、階段を登りきる直前に懐から短剣を取り出した。
 
「こうなったら……無念」
 
 覚悟した表情をしたバルド子爵は、剣先を自分に向けて一気に自分の首に突き刺した。
 近衛騎士たちは、その様子に驚くが、カインは一気に近づき首から短剣を引き抜き、投げ捨てた後、回復魔法をかける。
 
「そう簡単に死なれたら困りますよ……」
 
 自死を選んだつもりであったバルド子爵は、首に刺した跡を手で触ると、傷がふさがっていることに諦めた表情をして、そのまま力なく膝をついたのだった。
 
 
 

「転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使徒~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • rain

    「そうだっ! バルド子爵の企みの情報を掴んで、すぐに王城を飛び出したんだ」 
    安定のティファーナさん(脳k)
    おっと誰か来たようだ

    1
  • ノベルバユーザー252094

    ティファーナさん髪金髪だったきがするのですが?

    0
  • 颯爽

    ニーナ←じつは、教え子傷つけようとしたやつに怒ってる?

    1
  • ノベルバユーザー137296

    早く新し〜の読みたいでーす

    0
  • ノベルバユーザー151519

    いつも楽しく読ませて貰ってます頑張って下さい

    1
コメントをもっと見る / 書く