転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使徒~

夜州

第十四話 魔族の正体

 開始のかけ声と共に、ガームズは剣を担いだまま少しずつ魔族の女性へと近づいていく。
  自分の手を見て苦々しい表情をしながらも、魔族の女性は距離をとるように動いていった。

 「あれ、魔族って魔法が得意じゃないのかな……」

  カインが小声で呟くと、後ろにいたメイドが説明をする。

 「結界を張っておりますが、強力な魔法では観客に被害が及ぶ可能性がある場合、念のため魔法封じの腕輪をつけております。一割程度の威力しか出ないものと思われます」
 「……そうですか、ありがとうございます」

  カインは説明してくれたメイドに礼を伝え、視線を魔族の女性へと送る。
  その魔族の女性の手首には、金属で出来た腕輪が巻かれていた。

 (あれか……。なんとかして解放出来ればいいんだけど……)

  ガームズは剣を構え、一気に詰め寄っていくが、魔族の女性は逃げるように距離を取ろうとする。
  しかし、さすがSランクの冒険者というべきか、逃げる方向へ咄嗟に向きを変え、剣を振りかぶる。
  衣が一枚斬られながらも、魔族の女性は身を躱していく。

 「ふんっ、なかなかやるな。さすが魔族ってことか……」
 「この腕輪さえなければ、お主など数秒で灰にしてやるものを……」

  苦々しい表情で自分の腕につけられた腕輪に視線を送り、また、ガームズを警戒する。
  魔族の女性は火魔法を使うが、現れるのは頭大の火の塊である。それが三つほど現れ一気にガームズへと飛んでいく。

 「こんなもんか。ふんっ」

  ガームズは剣で火の塊を一気に斬り払った。

  それからはガームズの一方的な攻めになっていく。
  観客達はそれに伴い盛り上がっていくが、一緒に見学している生徒達の表情は険しい。
  魔物との戦いでは盛り上がっていたが、魔族とは言え外見が人間と大して違うわけではない。
  テレスティアたちも揃って顔を少し青ざめさせながら、ハンカチで口を押さえながらその同行を伺っていた。

  次第に魔族の女性はガームズのの刃の餌食になっていく。
  あちこちが斬られ、流血が地面を濡らしていく。

  カインは見てられず、「ちょっと席を外す」と言って部屋を出た。
  そして、トイレへと行く。


  その数分後。

  銀色のマスクをして、黒いフード付きマントに覆われた者が突如、闘技場の真ん中に姿を現した。
  突如、人が現れれば観客も驚きの声が上がる。

 「いきなりの乱入者だぁぁぁぁぁぁぁ!! 誰もいなかったはずなのになぜっ!?」

  司会の声が観客席に響き渡った。
  しかしガームズは気にした様子もなく、その男に声を掛けた。

 「なんだい? ショーの邪魔をしにきたのか……? なら、お前から先に始末させてもらうぜ?」

  剣を振りかぶり男に斬りかかるが、男は一歩だけ動いてその剣を躱す。
  そして後ろに飛び、距離を取ったところで、やっと男が口を開く。

 「この魔族の女性は僕がもらっていきますね。この人に何かあったら、多分――――人族と魔族は戦争になると思いますし」
 「……うん? 随分若い声をしているんだな。まだ――ガキだろう……。それに戦争、大いに結構じゃねーか。それだけ斬れるってことだろ」

  にやりと笑うガームズに男はため息をつく。

 「それは困るんですよね。色々と……。それに戦争になったら、この国は滅びますよ? 簡単にね」
 「…………お前も魔族か。それだけ知っているってことは」
 「……そこは関係者ってことで」
 「まぁ、いいや。お前から相手にしてやるよ」

  その言葉を最後に、ガームズの殺気が一気に膨れ上がる。そして男へと一気に詰め寄った。

 「仕方ないよね……」

  男はそう呟くと、頭から勢いよく振り下ろされる剣を片手で掴む。

 「なっ!?」

  その瞬間に、男はガームズの懐に入り込み、腹に拳をめり込ませる。
  ガームズの身体はくの字に折れ曲がり、そのまま宙を舞い十メートルほど飛んだところで地面に転がり、そのまま失神した。

 「なんということだっ!? フードの男は一体!? あの、ガームズが一撃だとっ!!」

  観客達は盛り上げるためのイベントなのかと思い、大いに歓声が湧く。
  そしてフードのままの男は、魔族の女性へと近づいていく。そして数歩のところで立ち止まった。

 「お主は魔族では――ないな? 同じ人間であろう。なぜ妾を助けた……?」

  腕から流れる血を押さえながら話す魔族の女性に男は言葉を返す。

 「魔族には知り合いがいてね。一度、一緒に来てもらってもいいかな? 回復魔法も掛けたいし。その腕輪も邪魔でしょう」
 「確かに……。名も知らぬお主についていくのも良いかもな。ここにいても同じ事になりそうだしのぉ」

  男はフードを被ったまま、軽く頷くと、魔族の女性の肩に手を置き『転移』で一瞬にして消えた。

  その場は意識を失っているガームズだけが取り残されたのであった。


  ◇◇◇

 転移した先は、誰も居ない応接室。

 「随分といい部屋じゃの。妾をこんなところへ連れてきて、何が目的じゃ?」

  魔族の女性の問いに男はフードを脱ぎ、仮面を外す。
  その男の正体に魔族の女性は目を見開く。

  カインは特に気にした様子もなく、笑みを浮かべた。

 「まずは、回復魔法を掛けますね。『ハイヒール』これくらいの傷なら問題ないでしょう」

 「……まだ少年とはな。その年で転移魔法までも……感謝するのじゃ」

  自分の傷を確認しながら、魔族の女性は笑みを浮かべ感謝の述べる。

 「あと、その腕輪があったら魔法も使えないでしょう。外しちゃいますね。ここは僕の家だから壊さないでくださいよ?」
 「そこまで恩知らずではないのじゃ。身を守る時は仕方ないがのぉ」

  カインは魔法で腕輪の魔法を解除すると、腕輪は何事もなかったのように外れて床に転がった。
  そのままソファーに座るように促し、カインも対面に座る。

 「まずは、自己紹介をしますね。僕の名前はカイン・フォン・シルフォード・ドリントル。エスフォート王国で伯爵の位にいます。先ほどまでいたイルスティン共和国の隣の国ですね。カインと呼んでもらって構わないです」
 「妾もせねばならぬな。妾の名前は……リザベート・ヴァン・ベネシトスじゃ。お主ならリザと呼ぶことを許可しよう」
 「なら、リザって呼ばせてもらうよ。すぐに紅茶の用意はさせるから、すぐに来ると思うし」

  そのカインの言葉と同時に扉がノックされた。
  カインが許可を出すと扉が開き、ダルメシアが入ってくる。

 「カイン様、お戻りで。お客様です……ね……」

  その言葉と同時に、ダルメシアはその場で膝をついて頭を下げたのだった。

◆======================================================◆
 いつもありがとうございます。
 リザベートの正体はいかに?次話をお楽しみに。
 5月15日には3巻が発売されます。お近くの書店、またはネットなので購入していただけると、次巻に向けて頑張れます!是非、よろしくお願いいたします。
 また、コミカライズもスタートしております。第2話まで公開しておりますので、『マグコミ』で検索していただけるとすぐにわかると思います。

「転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使徒~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • rain

    え、なんかハーレムの予感がするんだけど…
    キノセイダヨネアタリマエカー

    0
  • ノベルバユーザー128919

    気になりすぎる

    2
  • 斯波

    愉しく読まして戴いてます、このままこちらも更新される事期待してます。

    1
  • ノベルバユーザー151519

    面白い話毎回楽しみです頑張って下さい

    1
  • mondschein

    こうしんまってます

    1
コメントをもっと見る / 書く