転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使徒~

夜州

第十三話 闘技場

 
 朝を迎え、食事を済ませたカイン達生徒一行は街の見学となった。
 問題となる議会の見学は明日となっており、今日は教師引率でタンバールの施設を見学する事になっている。
 教師が先導の元、カイン達は街を歩いて行く。
 
「タンバールは議会だけじゃなくて、娯楽も多いと聞いてます。オークションがあったり闘技場もあったり……ってカイン様、絶対に出たらだめですからね」
 
 テレスティアの言葉に思わずカインは苦笑する。
 たとえ誰が来ても負けることはないが、学園の研修で闘技場に出ることなど、まずない。もし出場などしたら、国に戻った後に国王から何を言われるかわかりきっている。
 闘技場には行くが、今日は観客として見学する事になっていた。
 
「面白いのが観れるといいなぁ……」

 カインはそう呟きながら街を見学していく。
 色々な施設を見学して、昼食を済ませ、そして――闘技場の見学となった。
 観客席はどこから集まったのか、すでに満員の状態である。
 老若男女問わず賑やかな声援が響きわたっていた。
 生徒達はエスフォート王国からの見学ということで、貴賓席に案内され、少し高い位置からの見学となる。
 貴賓室は、常にメイドが常駐しており、飲み物等は頼めばすぐに出してもらえる。
 また、席も観客席のベンチとは違い、一人掛けの椅子が用意され、屋根もついており快適な環境となっていた。

「そろそろ始まりそうですね。えっと……最初の試合は……えぇっ!?」
 
 テレスティアが配られたプログラムを確認し、声を上げる。
 カインも手に持っていたプログラムに視線を落とし思わず口元を緩めた。

 最初に出てきたのは、冒険者三人組と――鎖に繋がれたオーガであった。
 係員数人で鎖を引っ張り中央の位置までオーガは運ばれていく。
 
 そして司会の声が会場に響き渡った。

「それではお待たせしましたっ! 本日最初の試合です! オーガ対Dランク冒険者の戦いです。それではーーはじめっ!」
 
 司会の言葉と同時に、鎖が解き放たれオーガは雄叫びを上げる。
 三メートルを超える身体から、響き渡るような雄叫びが上がると、観客達はさらに熱狂した声援が上がる。
 それに合わせたように冒険者たち三人は広がっていき、二人は剣を構え、一人は魔法の杖を構え詠唱を始めた。
 オーガは三人を獲物として認めたのか、一人の冒険者へと向かっていき拳を振りかぶる。
 その拳を交わした冒険者はそのままオーガの腕を斬りつけた。腕から血を流し後ずさるオーガに、観客席の声は大きくなっていく。
 続いて魔法使いから頭サイズの火球ファイヤーボールが放たれ、オーガの顔面に直撃すると、それに合わせて二人がオーガに斬りかかっていく。
 数分後にはオーガは息絶え地に伏せていた。
 冒険者たちは観客の声援に剣を振りながら応える。

「すごい戦いでしたね……」
「うん、本当に」

 生徒達からも声が上がるが、カインにとっては所詮ただのオーガであり、気にする相手でもないのでのんびりと眺めていた。
 その後も、いくつかの戦闘が行われていく。
 Aランクの地竜アースドラゴンが出てきた時には、観客の声援も最高潮となった。

「それでは今日、最後の一戦となります。まずは戦士の紹介をしましょう! イルスティン共和国で最高のSランクの冒険者、赤竜の牙のガームズだぁぁぁぁぁぁ!」
「「「「「わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああ!!!!!!」」」」」

 空が割れんばかりの声援が上がった。
 そのガームズと紹介されて登場した男は、鍛え上げられた身体を皮鎧で身を包み、自分の身長ほどの幅広な両手剣を肩に乗せゆっくりと現れた。

 この世界で現在の最高ランクはSランク。
 各国が好待遇を持って囲い込みをする程に貴重な存在である。
 Aランクとは一つしか違わないが、実力については格段の差があり、国が認めない限り選ばれることはない。
 カインはチートな能力でそれ以上あるが、普通の人がそこまで成り上がるには、実力だけでは不可能である。

 ガームズへと送られる声援は止まることなはかったが、それを止めるかのように司会は言葉を続ける。
 
「ガームズの相手をするのは――――先日、捕らえられた”魔族”だっ!!」
「「「「「おぉ!!!!」」」」」

 闘技場の大きな扉が開かれ、頑丈な檻が運ばれてくる。
 そして、中央近くに置かれた。

(魔族って……セトたちのことだよね……)

「ちょっと教えて欲しいんだけど、この国での魔族の存在って……?」

 カインの言葉に後ろに控えていたメイドが口を開く。

「この国では、見つけたらすぐに捕縛して処刑になります。一律に魔族は”悪”として見られています」

 一礼して下がるメイドに礼を伝え、闘技場に視線を送る。
 表情には出さないがカインの中では葛藤が湧き上がる。カインにとっては魔族に嫌悪感はない。
 逆に無理矢理捕らえた”魔族”を処刑することに嫌悪感を抱いたのだ。
 しかし、国の方針によって敵対する種族は異なる。魔族だけでなく、獣人を敵視する国もある。
 特にマリンフォード教国では人族以外は認められないというほどであった。

(もし、これをセトが知ったら……、もし知ったら確実に戦争になり――この国は確実に終わる。どうにかして止める方法は……)

「カイン様、顔色が悪いですよ……? 大丈夫ですか?」

 隣の席についていた、テレスティアから声が掛かる。考え込んでいたカインの表情は険しくなっていたのだ。

「……うん、大丈夫。ちょっと考えることがあったから……」

 視線を檻へと向けながら返事をする。
 そして魔法鍵が開けられ、檻が開かれた。

 そこから出てきたのは――――一人の女性だった。
 年はカインよりも上であるとわかるが、まだ成人を迎えたあたりであろう。
 腰まで伸ばした真っ白なストレートな髪、真っ赤な瞳、黒いローブを羽織っていた。
 そして――――額から出ている五本の角。
 顔の作りは美人といえる。いや、相当な美女だった。
 
 そしてその姿に観客はヒートアップする。

「――角が五本、上級貴族以上が角が四本って言っていたけど……」

 以前にセトから聞いていた言葉を思い出し、カインは呟く。
 確実に事が明るみに出たら問題になることはわかりきっている。
 どうにかして止める事はできないかと考えている中、闘技場の戦いは開始されたのであった。
 
◆◆◆あとがき◆◆◆

いつもありがとうございます。勢いあまって新しいキャラを出してしまった・・・。
この先どんな展開にもっていくか悩んでる最中です。

「転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使徒~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • rain

    ((o(´∀`)o))ワクワク

    1
  • 侑也

    更新たのしみです

    6
  • Eir

    ここまで昨日から一気読みしましたw
    更新楽しみにしてます!
    あとふと思ったのですが通信系の道具とか出てきませんでしたが作ってないんでしょうか?

    5
  • 46猫

    次が楽しみすぎます

    7
  • ノベルバユーザー128919

    なにをしでかすのか。!?

    9
コメントをもっと見る / 書く