転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使徒~

夜州

第十五話 護衛の仕事


 ナルニス商会の資産は全て国に没収された。国内の拠点全てを含み全て国の管理となった。
 そしてマティアスも火事があった日の夜に暗殺された。もちろん一緒に収監されていた冒険者たちも含めてだ。
 衛兵詰所の牢屋に収監していたが、何者かの侵入により、警備しいていた衛兵と共に、朝、死体として見つかった。

 後日、その事をマグナ宰相から聞いたカインは憤りを感じた。

「それで証拠は……?」
「それが、商会はあの通り、そしてマティアスの自宅も何者かに荒らされて全て持ち去られていた」

 王城の応接室でマグナ宰相とカインの二人は、今回の事件の事について話し合っていた。

「そういえば……リル、いえ、リルターナ殿下から聞いたのですが、ナルニス商会は裏では上級貴族が後ろ盾となっていると、捉えた冒険者達が漏らしていたと……」
「その件についてだがな……十中八九コルジーノであろう。彼奴は証拠だけは残さないようにしとるからの。証拠があれば問い詰められるが、今回はすでに何も残っていないだろうな……。これで大人しくしておればいいが……」

 今回は、グレーという事でコルジーノ侯爵は何も処分は受けていない。あくまで、取引上で商会に同行した時に事件と出くわしただけということで処理されている。コルジーノ侯爵は外務大臣ということで他国との調整をしているが、卒なく仕事もこなす為、解任するわけにもいかないとマグナ宰相からも言われた。
 そして最後に国王からの伝言が伝えられる。

「カイン卿、そういえば陛下からの伝言がある。『屋敷ごと真っ二つは愉快じゃった。まぁ証拠がないからどこの誰かがやったのかは知らないけどな』とのことだ」
「――本当にそうですね……どんな天災があったんでしょうかね……」

 カインは苦笑いしながらそう答えるしかなかった。

 

「犯人はわかっているのにな……」

 王城の帰りの馬車の中でカインは呟く。
 しかし、コルジーノ侯爵邸を破壊したのもカインだと国王含めわかっていたが罪に問うことはない。
 それと同じことだった。しかし平民の中で起きた事件よりも、上級貴族の屋敷が破壊された方がインパクトは強く、貴族の中では有名な噂話となっていた。

「気分晴らしで依頼でも受けるかな……」

 カインは屋敷に着くと、早々に冒険者の格好をし、屋敷を出て冒険者ギルドへと向かう。
 王都のギルドはやはり受付の人数も多い。

「今までレティアさんだったんだよな……担当が……」

 依頼表を見るが、掲示板にはBランクまでしか貼られていない。Aランク以上の依頼は直接受付嬢へと確認する必要がある。
 カインは知らない受付嬢の場所へ並び、順番を待つ。
 五分ほどでカインの番となり、声を掛ける。

「いらっしゃいませ。冒険者ギルド王都本部へようこそ。ご依頼ですか? それとも冒険者登録……?」

 まだ十代の受付嬢は、カインを見て、その幼さと依頼表を持っていないことで相談か登録だと思い話しかける。

「いえ。何か依頼を受けようと思っているのですが、多分エディンさんに聞いたほうがいいかなと思って。あの……驚かないで下さいね」
「えっ……何を驚くって……?」

 カインはそっと冒険者ギルド証をテーブルに置く。もちろん白金プラチナのSランク冒険者証だ。
 そのギルド証を見て、受付嬢は叫ぶのを抑えるように両手で口を抑えた。

「少々お待ちください。すぐにギルドマスターに聞いてきます」

 受付嬢は焦ったように席を立ち、奥へと入っていく。そして数分で戻ってきた。

「ギルドマスターがお会いになるそうです。ご案内いたします」
「ありがとう」

 カインは受付嬢の後を追い、ギルドマスター室へと向かう。
 扉をノックし、カインがきた事を告げると、すぐに入室許可が出た。

「おぉ、義弟カインくん、よく来てくれた。君はもういいよ。二人で話したいから」
「はいっ! 失礼いたします」

 カインが入室すると、受付嬢は緊張した様子で扉を閉めた。
 カインはソファーに座ると、エディンが紅茶を二つ淹れテーブルに置いた。

「急にすみません。たまには何か依頼をやろうと思ったんですけど……前はレティアさんがいたから……」
「たしかにそうだよね。レティアは頑張っているかい? リキセツのお守りも大変だと思うけど」

 エディンは笑いながら紅茶に口をつける。

「上手く回っているみたいですね。代官のアレク兄さんからも何も言われてないので問題ないかと思います」
「そっかー、それなら良かった。まぁレティアは優秀だからね。逆にここから抜いたから、こっちが大変だよ。それで依頼だよね……カインくん、護衛とかやってみる気ないかな?」
「護衛ですか……?」

 カインは学園に通っていることで、長期に渡り王都を空ける依頼はしていない。
 しかもカイン本人は貴族当主であり、それが明るみに出れば問題が起きる。特に貴族が絡む場合はどうなるかわからない。

「いやぁ、面白い依頼があってね。カインくんでも問題ないかなと思ってさ。もちろん、一人で受ける訳じゃないよ? 護衛の中に紛れ込む形にしてもらいたいんだ」
「面白い依頼って……それは少し気になりますね」
「実はね、護衛の対象は貴族の子息なんだけど、色々とあってね……向かう先はーー」

 エディンは依頼について説明していく。

 説明が終わった時には二人とも笑みを浮かべていた。

 ◇◇◇

 週末の朝一番、豪華な馬車を数人の私兵の護衛と冒険者が取り囲んでいた。カインもその中におり、他に四人の冒険者たちがいた。
 四人の冒険者たちは、まだ成人して少し経ったくらいに見える。男女が二人ずつの四人のパーティーであった。
 そのうちのリーダーと思える男の冒険者が愚痴を言う。

「なんで、こんな子供まで面倒みないといけないんだよ。まったくギルドも何考えてるんだか……」
「そんな事言わないの。私たちだって初めての街に行くんでしょ。街を知っている人がいないとね。君、名前何て言うの? 私はニナリーよ。このうるさいのはリーダーのラゲット、あとはクロスとマインよ」
「初めまして、カインと言います。二日間よろしくお願いします」

 カインは護衛の四人に頭を下げて挨拶をする。
 ラゲットは舌打ちをして、依頼主の元へ向かった。

「お待たせしました。用意ができました。これから出発します」

 ラゲットの言葉に、馬車の小窓が開く。

「はい、出発してください」

 小窓からは若い少女の声が聞こえる。そして御者が合図をすると先頭の馬に乗った私兵が進み、その後、馬車が動き始め、次に荷馬車が動き始める。
 そしてラゲットから声が掛かる。

「じゃぁ行くぞ。ドリントル・・・・・へ向けて!」

 カイン達は、カインの治めるドリントルへと向けて出発した。

「転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使徒~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 紅裂 魔宏

    コルジーノに獄炎練獄ぶちかませー!w

    0
  • ノベルバユーザー250446

    きっとコルジーノにも死ぬタイミングが用意されてるはず…。

    でもそれは今!!今!!

    3
  • ノベルバユーザー252182

    コルジーノ飽きたしもう殺そうだ

    5
  • 颯爽

    コルジーノ:生命力→ゴキ◯リ

    3
  • 竹傘

    コルジーノまだ討伐依頼達成されてないのかよ...

    1
コメントをもっと見る / 書く