転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使徒~

夜州

第七話 お披露目会(12/2修正)

 家族へのお披露目が済んでから、一週間が経ち、今日は、グラシア領内の貴族や有力者に、お披露目をする日だ。

 あれから魔法の創造はしていないが、魔力操作や魔力量増強の修行は、欠かさずに行っている。あと、武神サーノスから言われてたので、庭で木剣を振っている。


「カイン様、いよいよお披露目ですね!」

 シルビアがお披露目用の服を、用意してくれる。

「そうだね。今まではこの屋敷の人たちや教会の人しか会ってないし、外についても、庭内くらいしか出ていないから、いろいろな人に会うのは緊張するよ」

「カイン様なら大丈夫ですよ。なんせ天才ですから」

「天才は言い過ぎだよ。でもありがとう」

 服も髪もセットできた。あとはお披露目だけだ。

 夕方になり、屋敷の大広間には、数十人の招待客が集まってくる。
 主催者のガルムが演台に立ち、第一声をかける。

「今日は忙しい中、集まってくれて感謝する。三男のカインが無事に五歳を迎えられ、こうしてお披露目することになった。先週洗礼も済ませ、神の加護もいただいた。では、カイン入ってこい」

 扉が開けられて、中に入る。
 ガルムの横に立ち、周りを見渡す。

 うわっ。人いっぱいじゃん。
 一度、深呼吸して、息を整える。

「ご紹介に預かりました、カイン・フォン・シルフォードでございます。皆さまのおかげで、無事に五歳を迎えられました。まだ若輩ものですので、これから皆さまのご指導によって、成長していきたいと思っております。これからもよろしくお願いいたします」

 頭を下げた。
 よし、事前に前世の知識を駆使して思い浮かべた、脳内台本通りに言い切った。

 あれ。なんも返答がない。
 周りがシーンとしてる。

 隣を見ると、ガルムもこちらを見ながら苦笑いしてる。
 数秒経ち、ポツポツと拍手が出始め、次第に大きくなっていき、盛大な拍手となった。

「五歳らしくない挨拶ではあったが、皆もよろしく頼む。では乾杯」

 ガルムが最後をしめた。


「「「「「「「「乾杯」」」」」」」」

 手にもったグラスを高々とあげた。

 あ、さすがに五歳ではあの挨拶はありえないのか。
 まぁしちゃったものは仕方ないので、そのまま通そう。

 次々と挨拶にくる人が並んでいる。

「カイン。覚えておくといい。こいつがトリスだ」

 ガルムが紹介してくれる。

「トリス・フォン・サラバス子爵です。初めましてカインくん。グラシア領の東にある隣国、バイサス帝国との国境の砦の街、ラメスタの領主をしております」

 金髪で貴族服を着ているが、武人の雰囲気だ。

「トリス子爵とは昔馴染みだ。トリス子爵がラメスタを守ってるから、グラシア領は帝国と接してるが安全なんだよ、よく覚えておけ」

 ガルムが説明してくれる。

「ガルム辺境伯が色々と補助してくれるお陰で、兵士も揃えられてるし、助かってるよ。それにしても先ほどの挨拶といい、カイン君は神童かな」

「カインは本ばっかり読んでたからなぁ。もう文字も計算もできるみたいだ」

「それは素晴らしい、三男だし、婿の貰い手はいくらでもつきそうだね。うちに娘がいたら、婿にもらいたいくらいだよ」

 褒めてくれるのはうれしいが、五歳に婿の話をされても困る。

「ありがとうございます。まだまだ勉強が足りません。学園に入るまでは、家の書庫の本を読んで楽しんでいます」
「そのうちラメスタにも来るといいよ。色々と勉強になると思うし」
「わかりました。父と相談して、お伺いできるようにしてもらいます。その時はよろしくお願いします」
「ますます五歳らしくない。でも将来楽しみだね。あ、次の人が待ってるからまた後で」

 そう言って人込みに戻っていった。
 次は文官みたいな人だ。

「サライ・フォン・マクレーン男爵です。このグラシア領にて代官をしており、ガルム辺境伯が王都で留守をまかされております」
「そうそう。サライはいつも書類の山を持ってきて、なかなか逃げさせてもらえないんだよ。印を渡すから適当に押してもらっていいのに」

 ガルムがそう言ってるが、それはそれでダメだろう。
 サライさんも苦笑いしている。

「書類はガルム様に、目を通していただかないといけません。これも領主の仕事ですから」

 思わず頷いてしまった。

「わかったわかった。カイン、この領都のことは、サライに聞くのが一番だ。わからないことがあったら教えてもらえ」
「サライ男爵、グラシア領のこと色々と教えてください。よろしくお願いします」

 素直に頭を下げる。

「カイン様なら喜んで。文官になれる教育もいたしますよ」

 サライは、かなり乗り気になっている。

「待て待て。まだカインは五歳だ。成人してから自分で選ばせる。その時に文官希望だったら、その時は頼む」

「ガルム様、承りました。では私はこれにて失礼いたします」

 次に来たのは、汗をふきふきして、重そうな身体を揺らしながら、近づいてきた。商人のようで、宝石の腕輪や指輪を両手につけていた。

「カイン様ご機嫌うるわしゅう。わしは王都に本店があるナルニス商会で、グラシア領支店長をしているマティアスと言いますわ。言ってくれれば奴隷でもなんでも用意しまっせ。ご用命はわしに頼んますわ」

「奴隷はわかりませんが、お願いすることもあるかと思います。その時はよろしくお願いいたします」

「これは知的な坊ちゃんですわ」

 この商人、コロンつけすぎで臭い。
 その後、数人の挨拶を聞いたところで、挨拶を待っている人の列が落ち着いた。
 カインはガルムに告げる。

「申し訳ありません。一度席をはずします。父上よろしくお願いします」
「わかった。ここにいるから早めに戻ってくるんだぞ」

 人の合間をぬって大広間を出た。
 トイレを済ませ、大広間に戻るために向かってると、同じ年くらいの女の子が、迷っているようだった。

「君、迷ったの?」

 振り向いた女の子は、普通の人が頭にないものがついていた。
 猫耳である。


 ねこみみきたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

 しかも顔も目がくりくりして可愛い!!
 色々な本を読んでいて、獣人がいるとは聞いていたけど、まだ会ったことがなかった。
 街の外にも洗礼の時以外、出たこともなく、屋敷の人たちも全員人族だったこともあり、初めて会うことができた。

「うん。父さんと一緒に来たんだけど、お手洗いに行ったら、戻れなくなっちゃったの」

 不安そうに答えてくれた。

「僕、カインって言うんだ。君の名前は?」
「私、パルマ」
「じゃあ一緒に大広間に戻ろうか。あんまり戻らないと、お父さんも心配しちゃうしね」
「うんっ」

 パルマが笑顔で答えてくれた。

「大広間に戻ったら、一緒にお父さん探してあげるよ」
「ありがとうカインくん」

 やばい。可愛すぎる。猫耳撫でたい。頭に伸ばしたい手を、必死にこらえながら歩く。

 パルマを案内しながら一緒に大広間に戻った。
 大広間のあちこちでは、人々が雑談をしながらグラスを傾けていた。

「お父さん、どこらへんにいるかなー?」

 一緒に歩いてると声を掛けられた。

「あ、パルマ。戻ってこないから心配したんだよ」

 振り向くと、同じ猫耳をした優しそうな男性が立っていた。

「あ、お父さん。迷っちゃってカイン君に案内してもらったの」
「それはどうも、ありが――」

 お礼の途中で、お父さんが止まった。
 冷や汗をかきながら聞いてくる。

「もしかして、カイン様ですよね」
「はい。そうです。初めまして。カイン・フォン・シルフォードです。今日はお祝いに来てくれてありがとうございます」

 丁寧に頭を下げる。

「いえいえ。こちらこそ申し訳ありません。うちのパルマが、お世話になってしまって」

 隣でパルマは、理解できてないようで首をかしげてる。

 うわ。めっちゃ可愛い……。

「パルマ! この方は今日の主役のカイン様だぞ。失礼はなかったか??」
「えっ。カイン君って貴族様だったの? そういえば、豪華な服着てるなって思ってたけど。今日来ている人は、みんな豪華な服を着ているからわからなかった」
「パルマ! カイン君なんて呼んだらいけません。貴族様なんだからカイン様とお呼びしなさい」
「いやいや、気にしないでください。まだ、お互い子供ですから。今まで屋敷に籠っていたせいで、同年代の人と話す機会がなかったもので。よかったらパルマ、友達になってくれるかな?」
「うん! カインく……様なら喜んで」
「ありがとう」

 いつかその猫耳を、撫でさせてほしいです。

「そういえばご挨拶がまだでした。私はこのグラシア領にてサラカーン商会をしております、サビノスと申します。パルマ共々、よろしくお願いいたします」

 丁寧に頭を下げてくる。
 さっきの宝石を散りばめた商人より、ずっといい感じの人だ。

「こちらこそ。まだ子供で何もできませんが、何かありましたら、よろしくお願いしますね。そろそろ戻らないといけないので、父のところに戻ります。サビノスさん、パルマまたよろしくね」
「こちらこそ、よろしくお願いします」

 パルマに手を振ってから、ガルムのもとに戻る。
 そのあとも何人か紹介されたが、そこまで記憶に残っていない。
 五歳に紹介しても、そこまでわからないっていうの。

 お披露目会も無事に終わり、来賓もすでに帰った。
 家族用のリビングで、のんびりと紅茶を飲んでいたら、ガルムが入ってきた。

「今日はお疲れだったな。楽しいことでもあったか? 顔がにやけてるぞ」

 ガルムはカインの対面のソファーに座った。

「はい、父上。今日初めて、猫の獣人の方と会いました。女の子がいたのですが可愛かったです」
「五歳で色気づきやがって、まったく」

 ガルムもカインの神童ぶりが発揮され、今日きた来客からの評判もよくご機嫌だった。

「色気づくなら、成人してからにしろよ。カインは三男だからうちを継ぐことはできんからな、成人したら自分の道を見つけるといい。何かするなら手助けはしてやる」

 カインのステータスを知っているガルムとすれば、どの職種につこうとも成功すると思っている。 

「はい、わかってます。僕は冒険者になりたいと思ってます」

 ガルムを見て真剣に答えた。
 ガルムは少し悩んだ顔を見せたが、すぐに笑顔になった。

「宮廷魔術師や騎士や商人ではなく、冒険者か。それもいいかもな」
「はい、冒険者になって、この国の王都や他の地域、できれば、他の国も巡ってみたいです」
「わかった。冒険者になれるのは十歳からだが、十歳になったら、カインは学園に行く必要がある。それまで剣と魔法の家庭教師をつけよう。こちらで人は探しておく」
「父上ありがとうございます」

 時間も遅くなったこともあり、ガルムに挨拶をしてから部屋に戻った。
 服を脱いで、シルビアに渡していく。寝間着に着替えてからベッドに潜り込んだ。

「カイン様、本日はお疲れさまでした。やはりカイン様は天才です! 将来楽しみです」

 シルビアも今日の挨拶を聞いていたようで、興奮している。

「シルビア、そんなに乗せないでよ。それにしても疲れたよ。今日はゆっくり休むね。おやすみ」
「おやすみなさいませ、カイン様」

 シルビアは脱いだ服を、まとめて持ち、部屋出て行った。
 それにしてもやはり猫耳最高!
 そう思いながら、ベッドの中で早々に意識を手放した。

「転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使徒~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー179677

    辺境伯が王都でではなく辺境伯が王都にいる際にとかの方が分かりやすいと思います

    1
コメントを書く