俺の高校生活に平和な日常を

ノベルバユーザー177222

第4章番外編 #7「最悪の展開」

 「…あ、め…?」

 扉を開けると激しい音をたてながら大量の雨が降っていた。私は最初は信じられなかった。

 いくら激しい雨とはいえママの魔法結界を打ち破る程の雨など聞いたことがない。そもそも外の世界と干渉していないのだからこんなことありえるわけがない。

 「ママ〜?!ミシェーラ〜?!」

 私はふと2人が心配になり土砂降りの中私は外に出た。外に出ると思ってた以上に視界が悪く2人の姿が見えない。名前を大声で呼んでも雨の音で聞こえているかどうかも分からない。

 「ママ〜?!ミシェーラ〜?!どこにいるのー?!」

 だが私は必死に2人を呼び続けた。心の不安を少しでも払拭したからかもしれない。

 「…あれは…」

 全身ずぶ濡れになりながら闇雲に歩きながら呼び続けていると、微かに人影のようなものが見えてきた。影の大きさからして小学生ぐらいの大きさだ。『ひょっとしたらミシェーラかも』と瞬時に思い急いで人影の方に向かって行った。

 「ミシェーラ?!大丈…」

 近づいて行くとその姿は予想通りミシェーラのだった。私は少しだけ安堵しミシェーラに近づいて声をかけているとその安堵の表情が一変して血の気を引いていた。

 「…ッ!?マ…マ…?」

 私は目の前の光景を目の当たりにして頭がおかしくなりそうだった。ずぶ濡れのまま立ち尽くしたミシェーラが見つめる先には魂を抜かれたかのようにグッタリとしたママの姿があった。

 「遅かったじゃん、イーリス」

 「…ミシェーラ?」

 ミシェーラはようやく私に気づいたようで背を向けたまま顔だけを私の方に向けてきた。だがその時のミシェーラの表情は悲しむどころか悪魔のような笑みを浮かべていたのを今でも覚えている。

 私はミシェーラの笑みを見て悪寒が走った。何があったのかは分からないがとても嫌な予感がしたのだ。

 「何があったの?!答えて!?ミシェーラ!?」

 私は怒りと悲しみが入り混じった状態で問いただした。しかしミシェーラは不敵な笑みを一切変えない。

 「何がって、見て分かんじゃん。あんたのママは死んだんだよ」

 「死んだって、ウソ…?だってママは…、何で…?誰が…?」

 嫌な予感はしていたがミシェーラの発言を信じきれなかった。頭の中が真っ白になり思いついた疑問だけを口に出していた。ミシェーラはそんな私を見てケタケタと笑い出した。

 「ホントだって!だって私が殺したんだから☆」

 「ッ!?なっ…何を言って…」

 すると自慢するかのようにミシェーラは自白してきた。だが私はまだ信じれなかった。ママが死んだこともミシェーラが殺したことも私にとってありえない話だらけ。

 そんなの嘘だ嘘だウソだウソだウソダウソダ!

 「ねえ〜イーリス〜」

 「………」

 私が猜疑心さいぎしんさいなまれていると更に追い打ちをかけるかのようにミシェーラは私を呼んだ。

 「大好きなママを殺されるってどんな気分かな〜☆」

 「……ッ!?」

 その一言でふと糸が切れたかのように私は吹っ切れた。そして私は無意識にミシェーラに襲い掛かろうとしていた。

 「みしぇええらあああーーー!?」

「俺の高校生活に平和な日常を」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く