俺の高校生活に平和な日常を

ノベルバユーザー177222

第2章 #22「諦めないから」

 俺達が帰宅している途中だった。俺のスマホから着信音が鳴っていた。

 「はい、もしも…」

 『もしもしじゃないです!何で帰っちゃうんですかー!?』

 予想通り須川さんからの電話だった。若干じゃっかん涙声になっている気がする。涙目になっている須川さんの顔が頭に浮かぶ。

 「いやー、今日何か疲れたから早く休みたくって…」

 『だからって話の途中で帰らないでください!』

 珍しくちょっと怒ってる気もする。怒と哀の情緒が不安定になってきているみたいだな。

 『言っときますけど、私絶対に諦めませんからね!』

 そりゃあそうか。簡単に諦めてくれる訳ないか…

 『…それと1つお願いがあるんですけど…』

 獲物ターゲットにお願い事っておかしな話だと思うが一応聞いてみるか?

 「お願いって?」

 『私が吸血鬼だと言う事は誰にも言わないでください!』

 お願いってそういうことね。オタク趣味より決して知られちゃいけないことだしなー。俺は有紗の方に視線を向けた。どうやら話は聞こえてるようで溜め息混じりに首を縦に振った。まあ言ったとしても信じてもらえないだろうし別にいっか。

 「うん、分かったよ。絶対に言わないよ」

 『…本当ですか?』

 「うん、本当だよ。…だって俺達友達だろ?」

 こう言った方が説得力があるだろうか?ちょっとキモい気もするけど…

 『………ズルいです』

 「え?」

 何かボソッと小声で言ってたような気がするが聞き取れなかった。

 『何でもありません。あともう1ついいですか?』

 コレってあと3つ4つぐらいお願いされそうなんだけど、本当に無理なお願いだったら断わればいいっか。俺って結構甘ちゃんだなー。

 「何?」

 『…本当にお友達だと思ってるんでしたらし、下の名前で呼んでください』

 (?それだけ?)

 「分かったよ、み、みのり」

 思ってた以上に恥ずかしいな、コレ。そう言えば有紗の時もこんな感じだったっけ。

 『ふふっ、それじゃあまた明日、和彦君♡』

 どうやら機嫌を直してくれたようだ。ちゃっかり俺も下の名前で呼ばれて少しだけドキっとした。電話を切ると何故か有紗がソワソワしていた。

 「??」

 急にどうしたんだ?トイレでも近いのか?

 「…あんた、あいつといつの間に連絡先交換してたのね」

 「え?ああ、色々あったんだよ!」

 オタク趣味は2人の秘密になっているからとりあえずやんわりと誤魔化した。

 「ふ〜ん」

 聞いといて何だよその態度。

 (ん?)

 有紗の方をよく見ると上着のポケットから何か取り出そうとしていた。

 (ああ、なるほどね)

 「連絡先交換するか?」

 俺は自分のスマホを有紗の目の前に持ってきた。今思えば有紗の連絡先を俺は知らなかった。同棲どうせいしていたから連絡する手段はあまり必要と感じていなかったからだ。

 「しょ、しょうがないわね」

 素直じゃない奴だ。まるで俺からきてるみたいじゃねーか。しょうがないのはコッチの方こそだ。

 こうして俺は美少女の連絡先をゲットし吸血鬼?の女の子とも奇妙な交友関係が生まれたのだった。

「俺の高校生活に平和な日常を」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く