俺の高校生活に平和な日常を

ノベルバユーザー177222

第1章 #15「---無理だ!!」

 一瞬彼女の事を考え過ぎて幻覚を見たのかと思った。だが、どう見てもその姿は有紗そのものだった。

 何で彼女がこんな所に?それにさっきから全く動かないのだが…

 恐る恐る有紗を起こそうと肩を触った時だった。

 有紗の腹部が赤く染まっている事に気づいた。

 「う、嘘だろっ!!」

 背筋がゾッとした。なんかの間違いだろう?だって、だって…

 嘘だ!嘘だ!嘘だ!嘘だ!嘘だ!嘘だ!嘘だ!

 「んっ」

 …今、女の人の声が聞こえた様な…ふと有紗のところを見た。

 すると、微かにだが動いてる様に見えた。急いで彼女の胸元に耳を近づけ心臓の音を確認しようとした。女の子にこんな事していいのか分からないが俺もかなり必死だった為、悩む間もなく胸元に耳を近づけた。小さな膨らみと顔が触れるぐらいまで近づけた。無論、他意等無い。

 心臓の音は…聞こえる!!まだ、生きている証拠だ!

 次に呼吸をしているか確認する為、今度は有紗の顔に耳を近づける。何度も言うが他意は無い。

 呼吸音は…微かだが聞こえてくる。だが、まだ安心できる様な状態ではなさそうだ。これは救急車を呼ぶべきだろうか?そう思ってスマホを取り出し電話をかけようとした。

 ちょっと待てよ!今彼女を病院に運ぶのはマズイんじゃないか?

 有紗が日本に来たのはつい最近だ。身内は1人もおらず知り合いもまだ見つかってないし。何より奥田もまだここら辺にいるかもしれない。病院なんかいかしたらバレてしまうかも知れない。秘書の冴木さんも夏目財閥襲撃事件の現場にいた証人として今はアメリカに戻っている。他の部下は奥田側の可能性もあるので頼りに出来ない。

 つまり、今有紗を守れる人は誰1人としていない。イヤ、いるとしたら俺だけだ。

 だが俺に有紗を守れるだろうか?そんな事分かりきっている。---無理だ!!

 相手は過激派のギャングだぞ。奴らは関係者を殺していってんだろ?下手をすれば俺も殺されるかもしれない。殺される?

 …俺に彼女は守れない!そう思った途端、プツッと糸が切れた操り人形の様に無気力になった。

 俺には主人公の荷は重過ぎるみたいだ。俺はただただ有紗が苦しむのをみてるしかできなかった。まだ助けられるかもしれないがその気も起きなかった。

 ---昼休みの時に自分が言った事を思い出した。俺に出来る事?手助けする?何も出来ないじゃないか!!

 関わったら殺される?嫌だよ、まだ死にたくねぇよ!自分の命の方がかわいいに決まってる!!!

 俺は体を震わせながらようやく立ち上がる。ゴメン、恨むなら好きなだけ恨んでくれ!!

 そして、俺は涙ぐみながらその場を後にした。 

「俺の高校生活に平和な日常を」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く