俺の高校生活に平和な日常を

ノベルバユーザー177222

第1章 #11「奥田の奇襲」

 ---今から1ヶ月前、突然の事だった。

 バアン!!!!!

 夏目財閥本社の社長室のドアが物凄い勢いで破壊された。社長室にはベットで寝込んでいる創次郎さんの他部下の人が数人と専属医師、そして有紗がベットの周りに居座っていた。

 あまりにも急な出来事に皆、驚きを隠せないでいた。

 「な、なんだ!!」

 部下の人達は一斉に銃を壊されたドアの方に向ける。ドアの周りは煙がたちこめていてかすかに大きな影が見えている。その影は段々と近くなってくる。部下の人達は銃を影に向けつつじわじわと前に近づいていく。ある程度お互いの距離が近づいてきた時だった。

 「こんばんはーー!お久しゅうございます、夏目しゃちょー!!」

 低いトーンで挨拶をする男の声は聞き覚えのある声だった。有紗は創次郎さんの方に顔を向けると背筋がゾッとするのを感じた。今まで見たことの無い祖父の怒った顔、そしてとてつもない程の殺気を感じた。あまりの殺気に周りの部下の人達は無意識に銃を下におろし創次郎さんの方に顔を向ける。

 これがBlood Hunterの、夏目創次郎の裏の顔。

 「てめぇ、何しに来やがった、奥田あぁ!!」

 低いトーンからの怒声。ついさっきまで弱々しくなっていた人とは思えないと誰しもが思った。そして、その怒声と共に大きな影が姿を現した。

 影の持ち主は創次郎さんの言ったとうり、奥田が笑みを浮かべながらゆっくりと歩いて来た。

 「いやぁー、しゃちょーがお体を悪くされたそうだから、遅ばせながらのお見舞いに来たんですよー!」

 そう言うと右手に持っていたバスケット一杯のフルーツの盛り合わせを見せつけてくる。不気味な笑みを浮かべながら。

 「この事はここにいる人間と幹部クラスの奴らにしか知られてねぇはずだ。それをどうしててめぇが知ってやがる!」

 そう、この事は一部の人しか知らない超機密事項になっている。世間どころか本社の人達ですら知らない事をどうしてこいつが知っている。そもそもこいつはどうやってここまで来たのか?セキュリティーはかなり厳しいはず。

 「そりゃあ、ここの元社員ですからねぇ。昔の知り合いが口が軽いの軽いの。」

 昔の知り合い?まさか、こいつ!

 「内通者がいやがるんだな!」

 創次郎さんはズバリと答えた。

 「それも幹部の奴と繋がっていやがるな。それなら私の状況も知っているのも不思議じゃねえし、厳重な警備を抜ける事も可能だろう」

 確かにそれなら色々と辻妻があってくる。だが、まさか幹部に裏切り者がいるとは考えたくなかった。すると、奥田はしまったっとわざとらしい演技をみせた。

 「あちゃ~、うっかり喋っちゃった。オフレコでって頼まれてたのになあ」

 頭を抱えたフリをしながらそう言った。それからちょっとしてフリをやめ再び笑みを浮かべながら奥田が喋り始めた。

 「さて、それじゃあ本題に入ろうかな!」

「俺の高校生活に平和な日常を」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く